教育不足は自身の経験?

この方、教育が足りなかったのかな、と感じる教育論を読んだ。産経新聞(130日)の「解答乱麻」欄への細川珠生の寄稿「文章で伝える教育の重要性」である。とにかく不思議な論理なのである、換言すれば間違っている。次の部分を読んでみてほしい。

「特にAO入試の場合は、前年の9月頃には合否が出ることが多い。一般入試との時期の違いから、入学後の学力にも差が出るという問題はあるが、時期だけを言えば、早くに決まるのは決して悪くないことである」

大学入試に関する合否が早くに決まるのは決して悪くないこと、と細川珠生は書くのだが、どこにもその理由が書かれていない。しかし、続く文章では、早期に合否が分かった高校生が「ただ遊んでいる」無意味な時間を抱えることになるとの悪影響に言及しているのである。細川珠生の文章を確認してもらいたい。

「その場合、大学側から、入学までの期間をどのように使うかを明確に示す必要がある。課題図書や体験に関するリポート提出などを必須とするなど、大学進学の準備につながるような課題を与えるべきで、ただ、遊んでいるだけでは無意味な時間となる」

さて、合格が早めに分かった高校生が遊んでしまうから、大学が入学までの期間の使い方を明確に示す必要があるとは。。。この細川珠生という人の考え方に基本的な欠陥があると言わざるを得ない。

高校生は大学の入試に合格しても「入学予定者」に過ぎず、高校を卒業できなければ合格したとする大学への入学はできない。入学予定者になろうと高校生である、高等学校の生徒であり、高等学校の教育の対象者である。卒業までしっかり教育を施すのは高等学校の責務である。さらに、もし大学などの部外者が何か課題を自分の管理下にない高校生に課し、何らかの事故などにあった時にはどうするのか。浅薄な意見ならしないほうがましなのではないか。教育の不足が大いに目立つ方だ。

後段では日本の教育と米国の教育とが大きく異なることを挙げているのだが、

「少なくとも私自身が知る限り、海外の子供たちは、日頃の授業はもちろん、進学のたびに、自分自身のこれまでの経験やこれから何を学びたいかなどを真剣に考え、それを文章によって伝える教育を受けている。それだけ思考力も鍛えられる。単に語学力の違いだけでなく、まるで違う人間を育てているというのが私自身の実感だ」

を見れば、米国の例と思われるものがいつの間にか「海外の子供たちは。。。」と一般化されてしまっている。こういうものの見方、考察の仕方、結論の求め方は明らかな間違いではないか。もしも親が高名なるがゆえに鍛え方が不十分なままなのだとしたら、二世議員などと同様に、自らを厳しく見つめなおしたほうが良いのではないだろうか。

最終部分の、

「昨今の外交交渉の不振ぶりを見ていると、日本の教育が招いた結果だと思わざるを得ない」

は安倍晋三首相への皮肉なのか。結語の、

「入試に準じた教育にならざるを得ないのなら、高校・大学の選抜の在り方を、もう少し世界標準に近づけるべきである」

の世界標準とは何だろう。Hosokawas世界標準が本当に世界標準であるのかが疑問であるばかりか、そもそもそんな世界標準などあるのかが疑問だ。また教育は世界中で画一的である必要などない。画一的を嫌うがゆえに私立学校というものがあるのであろうに。

なお、本「解答乱麻」の全文は以下で確認願いたい。

https://www.sankei.com/life/news/190130/lif1901300019-n1.html

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM