一年(2018年)を振り返って

今年は60代から70代への移行という我が人生の一つの区切りの年だった。つまり新たなフェーズに向かう年とも表現できよう。実際に大きな変化が起こっている。振り返ってみよう。

1.(株)麁鹿火の仙台移転、社長就任、HPリニューアル

 

2017年11月2日に設立した電子出版を主業務とする会社も一年を経過した。順調かと言えばそうではなかった。社長をお願いしていた女性が個人的な理由で退任したのである。そこで、その社長の持ち株を全て引き受け、会社を小金井から仙台に移し、私が代表取締役に就任した。

会社のホームページをリニューアルしたり、ツイッターを始めたり、仙台に銀行口座開設をしたりと業務スタートに向けての諸々に忙殺された。ようやく日常業務が落ち着いてきたという所である。

 

2.『万葉伝授』他の電子出版

 

『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』の執筆時に分かった『萬葉集』に秘められた謎(暗号)を解読すべく、『萬葉集』の巻1と巻2の234首全首に取り組んで、その解読結果をまとめたのが『万葉伝授』8巻シリーズである。(株)麁鹿火からそれらを電子出版した。その他これまでに以下の書籍の電子出版をした。

『太安万侶の暗号(七)〜漢家本朝(下)壬申の乱、そして漢家本朝の完成〜』

『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』

『オホーツクの鯱』

『奇跡の回収』

『グヌンアグン』

『調達の闇1 天井裏』

『調達の闇2 お脈見坊主、秀頼』

『サハリン油田開発6年の現地体験記(上)』

 

3.『万葉伝授』オンデマンド本の製作

 

キンドル版(アマゾン)の電子書籍の場合、紙媒体のものにする、オンデマンド出版というものがある。世界でそれは可能なのだが日本は例外的に不可能とされている。しかし『万葉伝授』のオンデマンド版が欲しいという希望が数人から寄せられたので、単価は相当あがるがとの条件付きで作成した。仙台の印刷会社も見つけたので、希望があれば応えられるという態勢ができた。

 

4.商標の登録

 

社名の「ARAKAHI」とロゴの二つを商標登録した。

小金井に本社を置いた時に実は古物商の免許も取得したのだが、仙台移転に伴って返納せざるを得なくなった。設立初年度から大きな失敗をしたことになる。

 

5.「ダーリンは70歳プロジェクト」

 

2018年の「年頭に当たって」にも書いたように、パートナーを得るべく活動した。随分いろいろな人に、良い女性がいたらご紹介くださいと頼んできたが、本気で探してくれる人はいなかったようだ。そこで一念発起、(株)麁鹿火の仙台移転などが一応できた後、婚活を始めた。10月末に見合いをした相手の若い女性が素晴らしい方で、僅かな期間で、言わば電撃的に結婚を決めた。来年2月に入籍、同居の予定でいる。やっと我が人生のラスト・ピースを見つけたと感じている。

文字通りの「ダーリンは70歳」の実現である。結婚を望む高齢者諸氏の参考になるかもしれないので、体験記を書いてみようかな、などと思ってもいる。長年続いた孤独な正月でなくなることをうれしく感じている。

 

6.サイバー攻撃を経験

 

横浜在住当時の深夜の無言電話攻撃や誹謗中傷ブログの出現などは或る特定の石油開発会社に関するブログ記事をアップした後に起こった。そして今年経験した強烈なサイバー攻撃も同様にあるブログ記事を掲載した後に起こった。詐欺サイトに導くわけでもなく、金を狙う訳でもなく、ただ我がPCにダメージを与えようとする態度からは、強い恨みでも持っているかのような感じを受ける。セキュリティソフトまでもがダメージを受けるというすさまじさで、セキュリティソフトの修復から始めなければならなかった。そしてそのダメージは現在も残っていて、PCのIOファンクションは機能しないままである。お陰で長く続けた写真掲載が不可能になっている。

記事に対するコメントにも奇妙なものが来る。誹謗中傷ブログ以来、首謀者をYosukeRokusukeと呼んでいたのだが、なんとGosukeなるものが現れた。四、五、六と数字がそろったと笑ってばかりもいられない。結構インテリぶった口調でぶつくさ言ってくるのである。名も所属も明らかにせぬ卑怯者のくせにである。相手になどする価値はないと無視することにした。

しかし、いろいろな内幕を知らせてくれるコメントも寄せられる。ブログ記事に対する反応などが分かって興味深い。あるコメントなど、IPアドレスからへんてこなサイトに投稿している人物だと分かった。そんなのが某社にいるんだと初めて知った。PCはサイバー攻撃で壊されることを前提に出来るだけ安価なものを使うように方針を変えた。

また、「アヴェード ヴァスクレセーニア」という毎週日曜日の特別ランチに関するブログレポートについて、ロシア語に詳しいと思しき人からコメントが来た。「アヴェード」は「アベード」で、「ヴァスクレセーニア」は「ヴァスクレセーニエ」というのだとの指摘である。私はロシア語を習ったことなどない。サハリン石油開発協力はひと言のロシア語教育もせずにサハリン駐在をさせた。しかも1年半の期限だったのに6年間もである。私のロシア語はサハリンという僻地で、石油開発という環境の中で覚えたものである。どのようなスペルなのかなど知らない。覚えたものが方言だったかもしれなければ、訛ったものだったのかもしれない。ロシア語については園翁自伝にも書いたし、それこそ「アヴェード ヴァスクレセーニア」にも書いたはずである。反論するわけではないが、日本のテレビでのニュース番組、それもNHKでさえ、間違った日本語を話している。米語など英語としての誤用をかなり含んでいる。ご指摘は有り難いが、馬鹿にした言い方はどうも…。そしてこのコメントを寄せた人も名を名乗らない。名乗るほどもない人なのかもしれない。

ともかくさまざまなコメントが寄せられてくる。

 

7.ブログは13年目に、仙台在住は8年目に

 

2011年12月14日に仙台に移って来たので既に仙台在住13年目に入った。毎日ランチを食べに行く寿司屋で教わることの多い仙台弁もかなり覚えた。まだイントネーションは学習途上であるが、発音に濁音が増えたし、「〜ちゃ」「〜しゃ」「〜だべ」などの語尾も自然に出るようになってきた。「いずい」「おどげでねえ」「ごしゃかる」「ねっぱす」「おだつ」「おがる」「がおる」「てんよ」「ほいど」などなど言葉も覚えてきている。

毎日更改のブログも遂に8年目に突入した。時間と労力をとられるのだが、楽しみにしていてくれる読者もいることだし、可能な限り続けていこうと考えている。特に石油開発関係は、新聞などが事実すら報じないものが多すぎるので、これからも出来る限り、報じ、その意味を分かりやすく解説するようにしたい。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM