あの産経新聞に登場し始めた安倍批判、その背景は?(8)

11月15日の産経新聞の主張(社説)は外国人材の拡大法案について「法案の土台から築き直せ」と政府の提出法案自体を言わば否定している。政府の責任者は安倍首相であり、国会での野党の質問に対してもはぐらかしが目立ち、真剣に検討したものとは到底思えない。

主張の結語の部分を引用しておこう。

「首相は国民への丁寧な説明を約束したが、制度上の課題や曖昧さは残ったままだ。なぜ外国人を大規模に受け入れなければならないのか、法案の目的は依然としてはっきりしていない。  政府・与党は今国会での法案成立にこだわらず、土台部分をしっかり築き直すよう求めたい」

しつこいようだが、これは産経新聞の主張である。言わば箸にも棒にもかからぬ法案だということが分かるだろう。大事なことはそんないい加減な法案を無理やり成立させようとする理由が何かという点だ。国会での”木で鼻をくくったような”答弁が特徴の法務大臣が説明している。「喫緊の課題」であり「産業界の要望」なのだと。野党は産業界の要望とは具体的に誰がどう要望したのか、喫緊の課題を証明するデータを示せとなぜ言わないのだろうか。先の「高プロ問題」、「役所の障害者雇用データ」などなど、とかく全く異なる理由で作りたい法律・制度の理由付けのためにデータをねつ造するという、あってはならない手法を使う安倍政権なのだから、この外国人が必要という理由にも“人為”が加わっている可能性があるのである。

ともかく、天下の悪法以前に、日本を日本でなくす法案であるのは確かなように感じる。こんなことを許しておいてはならぬと思う。

もう一つ産経新聞の主張の例を挙げよう。12月2日の「安倍外交 対中連携で旗幟を鮮明に」というものだ。最後の部分を引用しよう。

「安倍首相の10月訪中で生じた懸念は解消されなかった。訪中で合意した第三国のインフラ開発協力路線は継続された。「一帯一路」は中国の軍事的、経済的覇権戦略であり、協力しては危うい」

更に論調は苦言、諫言に代わる。

「関係改善ありきで友好を演出する繰り返しでは、いずれ「インド太平洋」構想や米国との対中連携に綻びが生じる」

産経抄がここまで書くのである。「外交の安倍」という言葉など、広告用のフレーズに過ぎないことが分かろうというものだ。このような苦言を産経新聞に書かせるもの、それは米国以外にはないと感じるのだが。日本の政界がこれからどう変化していくのか、させられるのかが見えるような気がする。徴用工問題での日本の韓国への対応から米国の韓国への方針変化が見え、また安倍政権の法案への批判キャンペーンからは米国の安倍政権への方針変化が見えるような気がするのは筆者だけではないと思う。注視が必要なフェーズに入ったのではないか。

【石油資源開発株式会社探鉱部関係者へのお願い】

故吾妻高志さんの御友人から逝去の様子を知りたいとのメールを頂戴した。しかし私自身は石油資源開発の探鉱部とは疎遠であり、詳細な状況など知る手段もない。病気か、事故か、過労死か、パワハラが原因かなど皆目見当がつかぬのである。ご存知の方の情報提供を望みたい。ご友人からのメール本文を以下に引用しておく。

「初めまして。○○と申します。
私は吾妻くんとは小学校、中学校、高校、駿台予備校とずっと一緒でした。
つい先程、同級生から吾妻が死んだらしいとの連絡がありました。先々週に小中学校の同窓会があり、先週は高校の同窓会があったのですが彼のことについては情報がありませんでした。この歳で亡くなるということは全く想像できません。それに一月も彼の死を知らずにいたことが残念です。
亡くなった時など詳しいことがわからないのでネットで検索したところ、園田様のブログを見つけた次第です。大変恐縮ですが彼の最後のころの様子がもしご存知でしたらお知らせいただけるでしょうか。」

情報の提供先は「園田豪」メールアドレスはarakahi.kanri@gmail.comでお願いしたい。良き人には良き友人、吾妻君の人柄の良さが理解できよう。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM