産経新聞の「主張」執筆者に論理力不足?の者がいる

産経新聞の社説である『主張』の内容はおおむね妥当なものが多いのだが、中に”おつむの悪い”のが混じっているようだ。例として11月9日の「東海第2原発 運転延長は適切な判断だ」を取りあげよう。一か所を選んでコメントする。

「原発の大部分の設備は、定期検査の際などに新品に交換されている。交換できない部分は問題となる劣化のないことが確認されている。そのため、運転年数を重ねていても全体の老朽化は進んでいないことを理解しておきたい」

「いい加減なことを書くんじゃねえ、素人めが」と言われないのだろうか。馬鹿が書いたことは一目瞭然である。

              大部分:定期検査の際などに新品に交換

              交換できないところ:劣化がない(交換の必要なし)

が本当なら、耐用年数40年を20年延長するどころかエンドレスで運転可能と言えるだろう。そして、それならそもそも運転上限年数を40年とした根拠はどうした。その40年の運転期間リミット設定に対し、その当時産経新聞は異議を唱えたのか。政府がこうしたいというごとを、それが“そのまま”正しいと言っているようで、産経新聞自身に見識があるようには見えない。

年月を経ても問題となる劣化が認められない部分は「交換できない部分」ではなく「交換不要の部分」つまり「部品交換しない部分」であるはずである。「交換できない部分」とした意味すら理解できていない御仁がこの主張を担当したようだ。「主張」も「曲言」の一部か?!そして「劣化の確認ができない部分」が存在する筈だということを忘れてはならない。

しつこく書くが、「交換できない部分は問題となる劣化のないことが確認されている」という所だ。「高プロ問題」などの政府政策判断の根拠が捏造であったことは記憶に新しい。燃新装置も自動車の燃費データも、皆確認されていたはずのものが誤魔化しであった。原発は、事故が起きた時の損害、悪影響がいうなれば地方規模、国規模で生じるのである。軽々に、”報告書”を読んだだけで安全だから進めろなどと言ってはならないのではないか。昨今は、その”権威”ある「報告書」も当てにならないことが多いのだから。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM