気仙沼防潮堤工事の不明朗な動き

まず、9月26日の河北新報(デジタル)の記事を引用しよう。

「気仙沼市内湾地区の防潮堤高を宮城県が誤って施工した問題で、村井嘉浩知事が25日に防潮堤を造り直さないとする最終判断を下したことに関し、地元の地権者や住民団体は一斉に反発した。一貫して造り直しを求めた地元の意向を無視された形となり、住民は「あまりにも乱暴だ」と怒りをあらわにしている。

 「協議会としての要望が受け入れられなかった。非常に残念だ」。中心市街地の再生を議論してきた住民団体「内湾地区復興まちづくり協議会」の菅原昭彦会長が無念の思いを吐露した。午前9時半ごろ、村井知事から直接、電話で造り直さないことを伝えられたという。

 菅原会長は「県に対する不信感は残ったままだ。協議会としてどうするのか、今後、検討したい」と話した。近く会合を開き、対応を話し合う。

 協議会は間違った防潮堤の背後地にある魚町地区で再建を目指す住民の考えを尊重し、県に造り直しを求め続けてきた。15日に市役所であった会合でも、造り直しを求める方針を確認したばかりだった。

 地権者の男性(50)は「われわれに説明もせずに、いきなり頭越しに方針を発表するのは乱暴だ。そもそも間違ったのは県。全く反省していない」とあきれ顔。協議会メンバーの男性(60)は「15日の会合でも県の職員に丁寧に議論するようくぎを刺したばかりだった。一方的に議論を打ち切るのは許されない」と怒った。

 東日本大震災後、市は海岸沿いに整備される防潮堤に関して、住民合意に力を注いできた。県が今回高さを間違った防潮堤も2年以上の議論を経て、高さが決まった経緯がある。

 協議会の場でも「住民との合意がない防潮堤を気仙沼には造らない」との持論を強調していた菅原茂市長は、「住民合意がないまま、誤った高さの防潮堤が整備されることは非常に残念。(県には)住民の思いを真摯(しんし)に受け止め、対応してほしい」と注文を付けた。」

「知事あまりに乱暴」と地元住民は怒る。権力者があまりに乱暴であったり頑迷であるときは、そうせざるを得ない状況に追い込まれていると見た方が良い。資材調達の責任者をした経験からは、往々にしてそれは毒まんじゅうを食った時に起きる現象だと思うが。どんな毒饅頭なのか…?大阪人は徳や義よりも、利を重視する傾向を持つから心配である。

同日の産経新聞には、村井知事がこのような住民無視の方針を取る理由として4点が挙げられている。,泙舛鼎りの安全安心の確保が遅れる道路も含めた早期のまちづくりの完成が遅れるBい蠶召靴が技術的に難しいて札不調によるさらなる工事の遅れの懸念、というものだ。´↓はだからこそ工事を仕様通り、計画通りに進めるべきだったのであり、すべて監督がずさんだった県の責任である。い世韻性格の異なる理由だ。本当の理由の匂いがする。

だが、村井知事は作り直しの入札が不調になりそうだとどうやって知った。何故仕様と異なる工事をした業者負担で作り直しが行われずに、新たに入札をして作り直しの工事をすることになるのか。その辺りに深い闇の片鱗が顔をのぞかせている。何か本当のことが言えない事情が隠されているように見える。通常発注者に余程の弱みがなければ、間違った工事を認めるようなことはない。そして村井知事は、住民側が求めるミスの原因と経過、責任と処分について、「誠意を持って丁寧に説明したい」と述べた由。奇怪な。ミスの原因と経過と責任について「丁寧な説明をしたのちに」結論を出すべきなのではないか。

業者とグルである可能性も否定できない。こういう時こそ県議会は徹底追及をすべきなのだが。その議会も…と言うことも考えられないわけではない。嗚呼、宮城県!

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM