楽天球団の高須打撃コーチを囲んで

プロ野球の楽天球団は仙台に本拠地を置く。「いぶし銀の打者」と言われた高須洋介打撃コーチを囲む会が一夕開催された。個人的に「高須洋介」氏が好きと言う有志20人余が集まり、高須コーチを囲んでワイワイ、がやがや、野球談議に花を咲かせた。

当然なのだろうが、楽天ファンが多い。それだけでなく野球に関係した人も多い。現在野球の指導者をしている人もいて、飛び交う話は野球談議ではなく専門的なのだ。たとえば、ピッチャーの「ボールを放す位置とバッティングの難易度の関係」だとか。初めて聞く言葉も多い。それを高須さんが分かりやすく説明してくれる。野球技術にとどまらず、育成のこと、はては…まで。

何回かこの会に出席して分かったのは、野球と言うスポーツが驚くほど緻密な理論と技術に基づいたものだということだった。それを知るほどに、野球のゲームを見る目が違ってくる。奥深さが分かってくる。

ルールが複雑なので、それを知らなければラグビーなど面白くない。だが分かってくるとたまらなく面白い。それと同じように、野球というものの妙味を教えてくれた高須さんには感謝である。

低迷する楽天球団の成績に、ファンである会の参加者からは「もう一度選手に戻ってプレーしてくれないかな」とのお願いも複数から出た。あの、職人芸的バッティングをもう一度見たいと思う人は多いのではないだろうか。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM