プーチンの「平和条約提案」、反応しない(出来ない)”外交の”安倍

ロシアのウラジオストックで開かれた「東方経済フォーラム」の全体会合の演説で日本の安倍首相は、進展が見られないロシアとの平和条約締結について「アプローチを変えるべきだ」と主張した。

日本国内であれば権力者安倍に意見するもの、対抗するものなどまずいないからこれでも済むのだが、「アプローチを変えるべきだ」と言うだけで「どのように変えよう」との具体的提案がない欠陥をプーチン大統領に突かれた感がある。役者が違うという感じなのである。

プーチン大統領は、演説に引き続く討論の場で、間に座る習近平中国国家主席の向こうの安倍首相に呼びかけた。

「1956年の日ソ共同宣言では『平和条約締結の後に色丹島、歯舞群島を日本に引き渡す』と明記しており、その共同宣言を日ソ両国は双方の議会で批准したものである」と述べ、つづけて、

「日本がその宣言の履行を拒否した」

との歴史を振り返った。そして、「シンゾーがアプローチを変えようと言ったのだから」として、

「一切の前提条件を抜きにして年末までに平和条約を締結しよう」

と提案したのである。これに会場の参加者たちは拍手をした。

さて問題はいくつもある。

プーチン大統領のこの発言に対し、安倍首相は困った顔をするばかりで何の発言もしなかったのである。記者会見で何か発言したとも伝わってこない。当然記者たちは質問する筈なのだが。

日ソ共同宣言を作製し、発表し、双方の議会で批准までしたのを日本政府が拒否した、と公の場で発言されて、何の反論もしないのは、そうですと認めたことになる。この時点で勝負は負けであろう。ルール違反と指摘されたにもかかわらず、菅官房長官も何ら言及しない。そして、

「政府としては北方四島の帰属の問題を解決して平和条約を締結する基本方針に変わりはない」と述べている。基本方針に変更がないと言うならば『アプローチを変える』とした意味を説明すべきだろう。

そもそも菅官房長官の言う基本方針がかねてからの一貫したものならば、1956年の日ソ共同宣言がその基本方針と何故乖離したものになっているのか。これも国民に説明すべきだろう。

交渉の途中で提示した条件や案などは交渉がまとまった段階ですべて無になることは交渉の常識である。日ソ共同宣言が存在する限り、「あれはこういう意味」などと言う勝手は通らない。

かつて核持ち込みに関する日米秘密合意文書が存在した。外務省で引き継がれていたのだが某次官の時に存在しなくなった。世界と自国民に知らせられないような秘密合意をして、国内には合意と異なった説明をするのは、この日米合意が一例である。自民党政権がかなり闇の部分を抱え込んでいるように感じる。総裁選で(国民への)「正直」が問われるのも故なしとしない。

北方領土が返ってくるなどという幻想を抱くべきではないだろう。竹島すら取り返せないのだから。

安倍首相が当意即妙の答えをしてくれたのかと思ったのだが残念であった。党首討論もしたくない、総裁選での論戦も避けたいという安倍首相は、通常の原稿読み上げスピーチ以外は苦手なのかもしれない。

ここまでは昨日書いた。そして、今朝産経新聞を開けば、安倍首相擁護の記事があちこちに。少しコメントを追加しよう。

安倍首相は、プーチン大統領の提案に応えられなかった。動揺も隠せなかった。映像に全てが出ている。実際の交渉では「質問通告がないので返答できません」などと言う国会での対応など出来るわけがない。そこに真の実力が出てしまうのである。

さて、安倍首相は日本に帰った13日に、官邸で、公明党の山口代表に「日本政府としては北方四島の帰属を解決して平和条約を締結する基本に変わりはない」と述べたそうである。

述べるべき時も、相手も、場所も、そして内容も間違っているように思う。最大の問題は、「日ソ共同宣言をしながら、それを両国の議会が批准をしながら、日本がその履行を拒否する」すなわち、日本は批准までした合意を守らない、信用ならない国だと言われた点にある。しかも習近平中国国家主席と多くの聴衆の前で。これに対してその場で、その瞬間にきっちり押さえこまなければ、「尻尾を巻いて逃げた」ことが歴然ではないか。まずいことがあったからと子供が家に逃げ帰り、家人に言い訳をしているようではないか。信無くば立たず、は外交でも同じではないだろうか。

また、公明党の山口代表に言い訳してどうする。国民に説明をすべきなのである。

メッキははげ落ちた。いや、あの手この手で作り上げてきた虚像が消えた瞬間だった。「ウラジオの9.12」として長く国民にも諸外国の人々にも記憶されるであろう。習近平の前で起きた事件と言うのがまた最悪である。

こんなことなら、総裁選での論戦でもしていた方が良かったんではないだろうか。もっとも、日本国民にとっては、安倍晋三と言う人の正体が見えたのは幸いであったのかもしれない。

その産経新聞でさえ、ロシアへの経済協力と言うアプローチは考え直すべきだと「主張」に書いた。金持ちの苦労知らずは、人はカネを撒けば動くと思い込んでいることが多い。理念と志に触れる機会が少ないからだろう。戒めるべきことだと感じる。

トランプ米国大統領も大きく関心を持ったに違いない。

「サグラスナー イリ ニェート?」「パニマーエチェ?」

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(144)探鉱部総合課長に
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM