携帯電話に発電・充電機能を持たせるべきだ

台風21号の被害に驚いたのだが、続いて北海道で大地震が起きた。羽鳥モーニングショーなる番組でコメンテーターと言う女性が奇妙な発言をしていた。停電になって携帯電話、スマホに充電ができないと言うのだ。携帯電話に充電するための手回し発電機が市販されている。私もそれを2セットもっている。

それでも中継局が停電で機能しなければ情報の入手法がなくなる。そこで、中継基地局は停電時には太陽光発電とバッテリーで機能するように改善した方が良い。

携帯電話については、停電時に備えて、携帯電話そのものに手回しの発電・充電機能を付加すべきだろう。本来そのような機能を携帯電話機器に付加するか否かはメーカーの自由なのだが、これだけ災害が連発する、いわば災害列島日本では、それを義務付けても良いのではないか。もちろん、携帯電話に太陽光発電、充電機能を付加しても良いが、メカニカルな手段が災害時には一番頼りになる。

携帯電話が使えればテレビ情報も得られる。懐中電灯の代わりにもなる。政府よりも国会が主導して法律を作ってはどうか。

話しは少しそれるが、携帯電話のワンセグも、受信料の対象だと言うNHK、いい加減に馬鹿なことを言わずに、携帯電話でのテレビ受信機能は災害用と割り切って無料とすべきではないのか。受信料を払ったかどうかで、災害時に生き残るかどうかが分かれるなんてことは許されないことである。NHKは英断ではなく、当たり前の決断をすべきだ。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(144)探鉱部総合課長に
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM