ごちゃごちゃのおもちゃ箱を見るような竹中平蔵の意見

この人だけではないのだが何故経済屋のいうことに論理が見えないのだろうか。最近はどうやら論理的でない人だからこそ経済学を志望するのかな、なんて考えも頭をよぎるのである。

産経新聞(8月2日)の「正論」(コラムの題であって内容が正論であるわけではないことに注意)に竹中平蔵の「最悪の米WTO離脱に備えよ」という意見が載っている。何様か、と問われそうな筆致が特徴と言えようか。

トランプ政権による米国の行動について、

「言うまでもないが、貿易収支の黒字が良くて赤字が悪いという重商主義的発想は間違っている。まして2国間の収支に固執するのは比較優位の否定であり、経済学的に全く支持されない」

と書いているのだが、はて、それでは何故それを米国は指向しているのか。米国が竹中氏の言う経済学に無知だとでも言うのか。経済学的に支持されないことは間違いか?竹中氏が大きく影響を与えてきた日本経済が、その経済学的な知識に基づいた政策を重ねても、デフレの脱却も全くできずにいるのは何故か。それは氏の言う経済学が未熟または実際に適用不能な段階にあるからではないのか?近年の日銀の異次元緩和を見よ。異次元と名づけるような劇薬的金融政策はごく短期間で終わらせるものだろう。効果がないのは元々の考え方が間違っていたのではないのか。それを効果が出ないからとずるずる続けている。日銀が株を購入したからこそ株価が現実に維持されているのだから、それは官製株価であり、自由経済での株価ではない。既に市場を大きく歪めてしまっている。経済学が机上の空論未満であることが明白ではないか。

さて、「トランプ政権の特徴は…自分はこれまでの大統領とは違うという、選挙のための政治的”エピソード”を重ねることにある。そしてこの姿勢は、今秋の中間選挙を前に益々強まっている」ともあるが、トランプを安倍に、大統領を総理に、そして中間選挙を総裁選に置き換えるとまるでわが国の状況に言及しているようだ。

竹中氏は米中貿易戦争に関して2つの視点を持つ必要性に触れている。第一は、「トランプ政権はネガティブな面の一方で、したたかな外交戦術も有している。それはハイテク覇権をめぐる米中戦争という視点だ」であり、第二は、「結果的に大幅な法人減税など、選挙公約で掲げたことをかなり実現しているという点だ」である。そこから「大統領選挙の最中からWTO不要論に近い発言を繰り返している」トランプ大統領が実際にWTO離脱をするかも知れないと説く。そして結論は「アメリカのWTO離脱といった最悪シナリオも想定して、十分な対応が必要である。」となっている。

何となく読めば「ふん、そうか」なのだが、実はこの竹中平蔵氏、結論のような感じだが結論を示していないのである。「十分な対応が必要である」とは言うが何が十分な対応なのかに言及がないのである。方策を持っていないのであろう。企業で、「十分な利益を上げる必要がある」と発言すれば「それにはどうすればよいというのかね」と必ず問われる。この学者のように、研究者特有の具体策を持たずの単なる”評論家”的中身のない発言が、通用してしまう所が日本にとって一番大きな問題であろう。

こういう態度は、「しっかり見守っていかねばならない」が常套句だった太田弘子氏と全く同じである。日本の経済が実質的に好転できぬのはこういった経済屋しか持たぬためなのかもしれない。

最後に一言、題にもある「最悪の米WTO離脱」だが何故それが最悪なのかに言及がない。最悪の選択なのであればそれを阻止すべく「外交の安倍」が活躍すればよいのではないか。もし、出来るのであれば。

(野馬追会場の係りのめんこい女性。撮影、ブログ掲載とも許可を得ている)

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM