アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(206)

梅雨に入っている筈なのだが、青空である。こういう風な天気になると「青梅雨」永井龍男を思い出すというより、それにちなんだフグ・オコゼ料理の「青梅雨」を思い出す。新宿は歌舞伎町、さくら通り入口にあった。インドネシアに駐在中に突如消えてしまったので、存じ寄りのママさんたちともそれきりになっている。

本日の特別ランチは、「青森県産フグ白子のバター照り焼き」である。この時期のフグの白子は旨い。毎週口にしても飽きない。まろやか味わいとクリーミーな食感には強い癖がない。それだけ色々な料理に仕え、楽しめる。思い出した「青梅雨」がふぐ料理屋だっただけにぴったりだ、と感じた。会社員時代接待で口にしたことはあるが、現在の仙台での生活ではそれと比べ物にならないくらい、フグを始めとした高級食材を味わっている。ま、他人のカネで料理を楽しむなんざあ、この道では下であろうが。

小鉢は古川茄子の揚げびたし、豆板醤仕立てだった。ちょっとした辛みが暑さに涼味を与える。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM