愚論の域を出ない阿比留瑠比の「極言御免」(5月11日)

今回の題は『拉致解決へ 激変期の国際情勢生かせ』というものだ。題は変われど、その論理力の弱さは覆い隠しようがない。愚論の域を出ないのではないか。5月9日の日中韓首脳会談に関して、

「両国とも、日本と関係をよくしようという空気は強い。北朝鮮情勢がこうなってくると、日本ともめていても意味がない」と政府高官が振り返った、と書いている。誰の感想を書いているのか知らぬが、自分の判断をこそ理由と共に書くべきではないか。韓国は竹島を武力占拠し、慰安婦像の設置を続け、世界に日本の悪口を言い続けている。『日本ともめていても意味がない』などと本当に考えているわけはあるまい。また、中国は尖閣周辺のわが国領海に公船をもって侵入を繰り返し、尖閣諸島の武力占拠を計画しているし、はては沖縄まで奪おうとの魂胆を抱いている領土欲の強い国家だ。宮古島の海峡を軍用機を通過させたり、潜水艦を侵入させたりと挑発を繰り返している国である。誰とも書けぬ、極論(極言?)すれば阿比留瑠比の作文かも知れぬ談話など掲載すべきか。

そして次の展開を注意してトレースしてほしい。

米国の軍事力を例示しながら、

「軍事力が外交力の重要な背景となるのは、古今東西、当然の国際常識である」

「その点、いまだに自衛隊を憲法に位置付けることすらできず、政府統一見解が合憲とする敵基地攻撃能力の整備すら明言できずにいる日本は、おのずとハンディを背負っている。拉致問題の解決に向けて、米国をはじめ他国に助力を求めざるを得ないのは、こうした制約があるからだ」

此の男、頭の程度は大丈夫か。米国の軍事的圧力とは、何時でも北朝鮮を攻撃するぞという脅迫の力である。自衛隊を憲法に書き込んだら米国と同じような圧力を北朝鮮に掛けることができ拉致問題が解決するというのなら、呆れた馬鹿である。自衛隊が核兵器を持っているか。通常兵器を持っていても拉致問題が解決しないからと言って日本が軍事オプションを行使できるのか。自衛のために必要最小限の兵力を持つというような自衛隊が軍事的圧力になるわけがないではないか。

これが産経新聞の代表的記者の論説というのだから呆れる。いくらなんでももう少しは論理力のあるものを雇うべきではないか。愚論、珍論、紙の無駄と感じるが…

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM