花田紀凱の”愚痴”が停まらない

先日の産経新聞の『週刊誌ウォッチング』の半分近くが政治関係の個人的意見の表明に使われていると指摘したばかりだが、花田紀凱なる人の、コラムの趣旨も目的も逸脱した文章が続いている。5月5日の『週刊誌ウォッチング』の冒頭を引用しよう。

「ゴールデンウィークというのに安倍総理は中東歴訪。総理こそ、もう少し休んでいただきたい。各新聞の総理の1日を見てもあまりに多忙、しかも野党のくだらない質問(パフォーマンス)のために1日中、国会にはりつけられることも度々。 国内外に山積する諸問題をゆっくり考える時間が必要だろうに」

良くは知らぬが総理の1日は各新聞で異なるのか?首相動静、安倍日誌などがどのように記述しようが安倍首相の行動は1種類のものである。一般国民は各新聞と呼ぶほど複数の新聞を読んでいるわけでもないのだから、意味のないことを書いているのである。そして「野党のくだらない質問」との部分だが、花田個人がそう判断するのは勝手だが、それは週刊誌に関することではない。『週刊誌ウォッチング』という欄はただの政治的感想を吐露する場ではあるまい。元週刊誌上がりだけに「その程度か」と思われる。しかしこれでは産経新聞の程度が随分低くみられるのではないか。

「中東歴訪、総理こそ、もう少し休んでいただきたい」は同様に個人的感想。こんな場所に書くべきではないのだが、そのような判断力は持ち合わせぬ御仁のようだ。さらに、官邸や国会を離れて海外に出かけるのは、休息になるのではないか。長時間のフライトは、ボロボロの体の治療にとっても得難い機会であろう。エコノミークラスで行くのではない、政府専用機で行くのである。ファーストクラスよりも何倍も楽で快適な旅の筈だ。この花田の文章はただひたすらのゴマスリ以外の何物でもあるまい。まるで“裸の王様”に仕える家来の様ではないか。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(144)探鉱部総合課長に
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)
  • 私大103法人が経営難だとか、そんな大学が教える経済学、経営学は実効があるの?
    giinnokoe (05/02)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    名無し (04/11)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM