園翁自伝(85)駿府時代(21)桐谷文雄先生

桐谷文雄先生は地学履修コースの主任教授だった。私の年からは例年とは違い定員8名のところ7名の応募があったので地質関係の先生方は大喜びだったと言う。

先生は戦前北樺太石油で働き、その後満州での石油探鉱に従事していて敗戦。中国に留め置かれ大学で石油地質を教えていたと言う。確か昭和28年ごろ日本にようやく帰国し、電源開発(電発)に入り、技術士の資格を取ってダム建設に従事した。その関係で水窪ダムの内部まで見学できた。静岡大学では応用地質を教えていて、主に隧道学を講義した。

お宅は静岡の奥座敷と言うべき鞠子にあった。「吐月峰 鞠子の宿の とろろ汁」の句で有名なところで「丁子屋」と言う著名な店がある。「蔦の細道」で有名な宇都ノ谷峠の手前静岡よりを山に入るとその吐月峰柴屋寺がある。小堀遠州作の心字池がある。

さてその桐谷邸でかなり頻繁に宴が模様された。奥様が静かで知的で素敵な方だった。典型的なチェーンスモーカーであった先生の煙草の間接喫煙の影響であろう、肺がんで亡くなった。あるときその奥様が「小野さん、あなたの名前をいただいて孫に付けたいのだけどいいかしら」と聞いた。驚いたが、「勿論。光栄です」と申し上げたら「あなたのような人になって欲しいの」と言われた。確か20歳ごろのことだから現在47歳ぐらいで我が名前にちなんだ「進」と名乗る方が桐谷一族の中にいるはずである。

数年の後この桐谷先生ご夫婦には仲人をしていただいた。お二人の優しい笑顔が忘れられない。

 


コメント
下関市立大学の飯塚です。満洲研究で、桐谷文雄先生について調べております。宜しければ、桐谷先生についてお教え下さい。
  • 飯塚靖
  • 2018/01/07 3:00 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(144)探鉱部総合課長に
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)
  • 私大103法人が経営難だとか、そんな大学が教える経済学、経営学は実効があるの?
    giinnokoe (05/02)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    名無し (04/11)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM