福島瑞穂社民党首の資産について

 
民主党の閣僚の資産が公開された。鳩山首相の資産が断トツで多いのは予想されたことだったが、二番目に資産の多いのが福島瑞穂社民党首(消費者・少子化担当相)だったのには驚いた。何と2億4999万円だと言う。パートナーの定期預金などを差し引くと福島氏一人分は1億2千7百万円、その半分は弁護士時代の報酬だと言う。
福島氏が第二東京弁護士会に弁護士登録をしたのは1987年のことだった。1998年の7月に参議院選挙で当選しているから弁護士活動は約10年間していたことになる。新人の弁護士が活動を開始して10年ほどで約6千万円を預金できたとはにわかには信じられない。福島氏は社民党党首になったほどの人だ。儲けを目的に高額の経済事件ばかりを弁護してきたとは思えない。
10年ほどで約6千万円の資産を形成していた人では庶民の目線でなど物事を見られるのだろうか。現政権の閣僚の中には長妻厚生労働大臣のようにほとんど資産のない人もいる。
もし、弁護士活動がそれほどの資産形成を可能にするものならば、それは弁護士報酬が高すぎることを意味しないか?
社会派の弁護士がこれほど金銭的に利益を得ているとは、私には驚きだった。誰か調査してみたらどうだろう。
(写真はモロッコの絵画。パティオを中心とした優雅な生活が描かれている)

「追記」:システムの復元に成功した。サポートセンターんー専門家はOSもドライバもアプリケーションも再インストールが必要と判断した。セーフモードでバックアップ未了のものをコピーして保存するまでが忙しかった。駄目元の修復に取り掛かり、遂に成功した。結果的にブログの毎日更新は継続できた。感謝!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 国際石油開発帝石(Inpex)のイクシスでのトラブルの歴史
    K.Takamatsu (12/12)
  • 「日本語が危ない」ではなく「日本人が日本語を知らない」というべきだ
    giinnokoe (12/09)
  • 会社の状況からタクシー券の配布が出来ない!?
    giinnokoe (10/19)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(104)「海外探鉱基本戦略(案)」の作成と社長への提出・説明
    giinnkoe (09/06)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(39)東大の先輩
    平山 次郎 (08/12)
  • 棄韓論アゲイン
    園田豪 (07/11)
  • 棄韓論アゲイン
    giinnkoe (07/10)
  • 棄韓論アゲイン
    園田豪 (07/08)
  • 棄韓論アゲイン
    giinnkoe (07/08)
  • 国際石油開発帝石のイクシスのFIFO作業員の過酷な生活と、何と9人もの異常な自殺者數
    giinnkoe (06/19)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM