炎上と世論

7月3日の産経新聞の「耳目の門」なるコラムで石井聡が「炎上と世論――意見の言いっ放しは無益だ」と題してSNSなどを舞台にした炎上について意見を述べている。例に挙げているのが川崎市登戸で起きた「川崎殺傷事件」だ。スクールバスを待つ児童と保護者を一人の男が次々に刺し、その後その男は自殺した。この報道に「自殺するなら一人で死ね」という当然の声が起こり「いや、そんなことを言うと更に同様の事件が起きるから言ってはならぬ」との相反する意見も出て、SNSの世界は炎上状態になったというのである。

その意見の相違を主な発言者を示して石井聡は例示している。その図がうまくコピーできぬので以下のURLで見てほしい。

https://www.sankei.com/column/news/190703/clm1907030004-n1.html

「一人で死ね」の強い意見が立川志らく、次が橋下徹、真ん中がカンニング竹山、そして「そんなことを言ってはダメ」と言う尾木直樹、そして「社会はあなたを大事にしているし、死んでほしいと思っている人間など一人もいない」とまでいう某NPOの藤田孝典の五人である。この連中の関心は「自殺者が子供などを道連れにした」ことにあるようだ。犯人サイドに偏ってはいないか。犯人が自殺しようとしまいとこの事件は、突然起きた無差別殺傷事件なのである。我々が一番考えなければならないことは自殺者の人権ではなく何の理由もなく殺されたり、怪我をさせられた子供や保護者をいかに守るかなのである。

特に某MPOの藤田の言葉にはやや呆れてしまう。本当に「社会はあなたを大事にしているし、死んでほしいと思っている人間など一人もいない」のなら、この男は自殺などしなかったであろう。

それにこの例に挙げられた人たちのほとんどは落語家とタレントである。橋下徹は元大阪市長と書いているがタイタンと言う芸能事務所に所属するタレントであり、尾木直樹もママと呼ばれるような“女性”を装って知名度を上げた評論家と言う名のタレントであろう。識見でものを語る人ではなかろう。ここに石井聡の続く文章への伏線が読み取れる。(上手い!)

このあと、石井聡はいろいろな研究結果を提示していく。

「日本大学危機管理学部の先崎彰容教授は新著「バッシング論」(新潮新書)の中で、「ものごとを判断する際に『敵』と『味方』の二分化があまりにもはっきりしている」ことへの危惧を述べている。それは「他者の意見を包容するだけの余裕を完全に欠いている」状況だという」

「文化庁は毎年「国語に関する世論調査」を行っており、平成28年度の調査ではSNS上の炎上についての質問を設けた。…略…驚くのは、炎上を目撃した際に自分も書き込みや拡散を「すると思う」と答えた人は、わずか2・8%だったことである」

「国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの講師・主任研究員、山口真一氏が、3年前にネット炎上に関してまとめた資料からも…略…炎上によるネット世論の形成者はごく一部に限られるというのだ。また、炎上参加者の人物像として「社会に対して否定的で、攻撃的で、不寛容な人」といった傾向が挙げられている」

例示した人たちにも当てはまるのかもしれない。

そうなのだ。「炎上によって世の中全体が騒然としているように見るのは、正しくない」のである。テレビのワイドショーなどは一部が騒いでいるのを大げさに伝えて商売にしているようだ。もっとも、それを見て「一億総評論家」と化す、大衆のレベルも問題なのだが。

とにかく世の中の大勢とされる意見が、実は極めて少数の”異端”のものの意見であり、それがテレビ放送(ワイドショー)などで多数の意見のように放送されることは問題と言うより、排すべきことだろう。ワイドショーからニュース番組にまで芸人・タレント(偽装識者)が司会をするようになっては、正常な意見醸成ができないのではないか。

 


河北新報の「河北春秋」の内容に疑問

仙台で新聞と言えば、それは河北新報を一般的に示す。戊辰の役の時に薩長の軍が「白河以北一山百文」と蔑みの言葉を吐いたことを忘るべからずと肝に銘ずるために新聞名としたという歴史のあるものだ。いわば東北版「臥薪嘗胆」の語のごときものか。

この河北新報に、朝日新聞の天声人語、産経新聞の産経抄のようなコラムがある。名を「河北春秋」と言う。話は少し古くなるが、7月6日のその河北春秋の冒頭を示そう。

「古代人は物々交換でほしいものを手に入れた。やがて貨幣が介在するようになり、日本では明治になって紙幣が流通するようになった」

この考え方は、古代の人ほどプリミティブな生活システムの中にあったとの先入観から生まれたものだ。例えば日本の縄文時代、関東の山の高所から採取された黒曜石が、また伊豆七島から採取された黒曜石が石器の材料として数百キロも離れたところまで運ばれていたことが分かっている。どうやら黒曜石の採取集団が組織化されて専門的職業として存在し、黒曜石の流通機構も存在していたようなのだ。本庶先生ではないが、教科書を鵜呑みになどすべきではない。西洋の歴史に青銅器時代があるから日本にもあるはずだと主張した輩と同様に自分の頭で考えることをしていないかのようだ(拙著『太安万侶の暗号(ゼロ)〜日本の黎明、縄文ユートピア〜』参照)

紙幣についても知識が不足ではないか。江戸時代中葉から仙台藩では金10万両を限度に藩札を作り流通させていた。河北新報の記事だけに地元の歴史に知識のないのが悲しい。「河北」の名が泣いているようだ。この藩札については小野清著『徳川制度史料』(『史料 徳川幕府の制度』として人物往来社から復刻版が出版されている)に詳しく記述されている。

自紙の看板コラムならそれなりに注意を払って書いてほしいものである。がっかり!

 


アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(251)

7月14日時点で仙台は今日も雨。梅雨入りが5日早かっただけでなく何時までも続く。日照時間の不足とその農業への悪影響が語られ始めている。広瀬川のアユが少ないとのニュースも流れた。

さて、本日の特別ランチは「宮城サーモンのタルタル」である。宮城サーモンを細かく刻み、同じく刻んだ夏野菜と混ぜ合わせたものだ。野菜には、キウリ、玉ねぎ(オニオンフライ)、黄色ズッキーニ、ミョウガなどが含まれる。キウリは歯ごたえを、黄色ズッキーニは色どりを、玉ねぎは味を、ミョウガが香りを与えている。それぞれのパートが合わさって出来上がるシンフォニーのような料理と言ったらよいか。

デザートのゴマのムースの香りのよさが際立つ。

 


園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(200)アパート探し

何時までもホテル暮らしと言うわけにもいかぬのでアパートを探すことになった。何軒も回った。どこでもよいようなものだがやはり自分に合う雰囲気のものが良い。日本人が実際に住んでいるアパートにも足を運んだ。近々出ていくことが決まっているのだろうが、部屋の中は荒れ放題と言ったものもあった。何軒も見たのだが今一つテイストが合わなかった。

室園が、「どう見てもお気に召さないだろうというのがあるのですが見てみますか」と言った。そんなへんてこなものなら候補にしなければいいものを、と感じたが、すでに現地化してしまっている室園が”変”と言う物件は或いは秀一なものかもしれないと見に行くことにした。

車が近づくにつれコロニアム風の建物が現れた。プルマッタヒジョウ・アパートメントである。2棟あるうちの一つの9階に上がった。大きな木製のドアである。ドアを開けて入って驚いた。床は石張りである。玄関わきにアップライトのピアノ、リビングのコーナーには大きな柱時計がある。ダイニングテーブルは8人掛けのもの。2ベッドルームで、家具はすべてダークな色調で統一されていた。

気に入った。ベニヤ板にペンキを塗ったような、イタリヤか南フランスの安物住宅みたいなものは嫌いである。こういう重厚なものが良い。

奥の部屋から家主のアトマディさんが出てきた。色々話をした。すると家主も気に入ってくれたらしく、お気に召すならピアノ、柱時計、カセットラジオなどアンティークなものを置いていくことにしますと言った。メカニカルに分銅の重さで時を刻む時計などなかなか使うチャンスなどない。即座ににそこに住むことに決めた。のちにこの家主と仲良くなるのであるが、その人はジョクジャカルタのスルタンの親戚だった。

 


立憲民主や維新の公約もひどい

選挙公約のひどさは自民党だけではなく、立憲民主党も日本維新の会も相当にひどい。一例ずつを挙げよう。

立憲民主党は、

「各議会で男女同数を目指す」

と公約に書いている。バカの極みだ。大相撲の力士数を男女同数にして横綱を男女一人ずつにしようと言っているような間違いである。

スポーツは男女に分かれている。スポーツだけではなく、囲碁でも将棋でも筋肉を使うわけでもないのに女流というタイトルがある。外科医も内科医もみな男女同数が良いのか。こういう公約を見るだけで枝野と言う人は弁護士というけれど平等・公平の概念すらわかっていない低レベルだと知れるのである。男女公平というのは公平な選抜方式で男女の差別なく諸事選択できるようにすることだ。男女にその特性の差異があることを認め理解する事こそ男女平等の基礎なのである。愚か者!

日本維新の会の公約には、

「議員報酬と議員定数の3割カット」

とある。確か先の衆議院選挙の時は議員数を半分にすると公約に書いてなかったか。選挙が終わったら「そんなこと言いましたっけ」とすら言わずにほっかむりである。絶対に不可能な公約を書いておけば、選挙の後は他党の反対でできませんでしたと言い訳ができる。「ゆうといたらええんとちゃいますか」精神が溢れている。まがい物とみて間違いあるまい。大阪都構想に賛成しないと選挙で対抗馬を立てて公明党の候補者を落選させるぞ、と脅す手法はまるで“筋もの”、尤もそういわれて震え上がり言うことを聞く公明党の魂のなさにも呆れるのだが。

日本人の劣化はとどまるところを知らず。これでは官邸内ですべてが決められ、国会が何の役にも立たぬのがなるほど当然の帰結かとも思えるのだ。

 


インテリジェンスには程遠く、安倍晋三首相の宣伝ばかりの佐藤優

参議院選挙が目の前だ。こういう時期になると、政権側は飴と鞭を使って選挙対策として”民間人”の言論を利用する。恒常的な月刊誌HANADAなど以外にも新聞のコラムまで安倍政権ヨイショ記事で埋まるのである。一例をあげよう。7月14日の産経新聞の佐藤優の「世界裏舞台」だ。前回までの親友を利用した自著販促記事と言うこ汚さから一転、タイトルまでもが「参院選の争点は『安定』」と言うものである。この『安定』なる言葉は安倍晋三首相が参院選に向けて「混乱と安定のどちらを選びますか」と言う呼びかけに呼応しているのは誰にでも分かるだろう。サブリミナル効果と同様、国民の無意識界に刷り込みを図っているのである。

因みに、『安定』とはStabilityの意味ではなく、私は「安倍で定まる」の意味で使っているのだろうと思っている。

さて、この佐藤優、前半を野党への悪口に費やしている。奇妙な悪口もある。

「立憲民主党は最低賃金を1300円に引き上げると主張しているが、それが実現すれば賃金上昇の圧力に耐えることができない中小零細企業は倒産する」

と書くのだが、自民党だって最低賃金を1000円に引き上げると公約しているのだ。1000円だと倒産を招かずに1300円だと倒産を招くという論拠があるのか。いい加減なことを言うものである。

その後は安倍礼賛のオンパレードだ。明らかな間違いもある。たとえば、

「米国とイランは緊張関係にあるが、現時点で武力衝突に至っていないのは安倍首相の仲介外交が成果を上げたからだ」

を見れば、この佐藤優にインテリジェンス能力など備わっていないことが明らかだろう。

北方領土交渉に至っては、現実はロシアには馬鹿にされ、相手にされていないのに、G20の時の日露首脳会談に関して、日本側だけが発表した内容のない合意内容と称するものを取り上げて正常な関係に戻ったと、典型的な我田引水型の解釈をしている。これまた能力の不足または国民を惑わす悪意の発露であろう。

「ロシアには国内的事情があるので、積極的に合意の内容を広報したくないのであろう」

とロシアの国内事情だけを取り上げている。愚かな考えだ。ロシアに国内事情があれば日本には参院選と言う喫緊の国内事情がある。だからこそ外務省が合意内容を一方的に報じたのだろう。本当の合意ならば、共同声明や合意文書の形で公表されるのである。

図らずも佐藤優にインテリジェンスのかけらもないことを証明するかのような「世界裏舞台」になっていた。もっとも既に相当前からタイトルにそぐわぬ話ばかり、種切れの感は否めない。

最後に、

「外交政策に関しても、長期間同一人物が首相であることには大きな意味がある」

と佐藤優は書くが、長期政権には「大きな問題もある」ことを書かぬところが意図的記事の証拠だろう。長期独裁政権などまっぴらである。だからこそ、自民党総裁にも国会議員にも、知事にも任期と言うものがある。民主主義の基本もよく理解していないようだ。キリスト教神学の人だからか。でも、それなればこそ、神の審判を恐れるべきではないのだろうか。尤も宗教者と呼ばれる人が、単に職業として宗教を語っているケースもないわけではないが。

 

 


自民党の公約、「政策パンフ」と「政策バンク」の矛盾、これでは信用が…(その3、少子化対策)

日本の少子化は極端に言えば第一次ベビーブームの後ずっと続いてきた。近年始まったことではなく、かねてから予測されていたことだ。それが放置できない段階にまで至り、政府は内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)を置いた。2007年8月27日の上川陽子の就任以来すでに20代の大臣が、民主党政権時代も含めて任命されている。期間にして、すでに12年間になる。減少傾向は衰えるどころかますますその速度を速めているようだ。12年間に大臣が20人、いかに政府が「不真面目に」取り組んできたかが分かるだろう。安定した政権が、などと言う言葉は自分自身だけのものだと安倍晋三首相は思っているのではないか。実は少子化対策など何もなされてこなかったのではないだろうか。待機児童をなくす、子育て支援をする、などの施策は少子化対策ではなく、家庭の主婦を家庭外で働かせるためのものだった。専業主婦は「活躍できない、していない女性」と言わんばかりの安倍政権は少子化に加担してきたと言ってもよい。

さて、この重要な少子化対策だが、自民党の「政策パンフ」では言及されていないのである。「政策BANK」でも独立した項目がない。しかしわずかに触れている部分があるので双方を引用しよう。

「政策パンフ」 深刻な人手不足に対応するため、設備投資、IT導入など生産性向上を支援するとともに、外国人材の受け入れを進めます

「政策BANK」 ロボット、I0TAI(人工知能)、5G等の第4次産業革命の技術をあらゆる産業や国民生活に取り入れて、よりスマートで豊かな暮らし(Society5.0)を実現するとともに、人手不足、少子高齢化や地球環境問題等の課題を解決します

 

少子高齢化の結果としての人手不足を外国人材(本当は外国人労働者)の受け入れでしのげば、それは日本への移民受け入れと表裏一体の関係であり、民族国家日本が移民国家日本に変化することである。「万世一系の天皇を戴く」などと言う政権が日本を移民国家に導くとは、その強調する皇室尊重が偽物であることを示すのだろう。まさに天皇を利用して明治維新を行ったのと同じ態度か。

「政策BANK」にあるAI利用だが、それが少子高齢化の課題解決につながるとは考えられないが。人手不足の解消しか眼中にない政治家、首相など国家にとって害である。日本にどんなに多くのロボットがあっても日本人たる人間がいなければそれは日本国家ではない。日本は滅亡するのである。日本国籍を持つ外国人ばかりになったら、それももはや日本ではないだろう。少子化への本当の対策を考えぬ政党など、「亡国政党」と呼ぶべきであろう。

 


自民党の公約、「政策パンフ」と「政策バンク」の矛盾、これでは信用が…(その2:外交)

今度は竹島と尖閣諸島に関しての自民党の政策(公約)を見てみよう。

「政策パンフ」 記載なし

「政策BANK」 竹島・尖閣諸島等のわが国固有の領土・主権に係る第三者研究機関を設置し、歴史的・学術的な資料等の調査を深め、常設展示館を拡充するなど、国内外への情報発信をさらに強化します

 

竹島は韓国に不法占拠されて何十年もたつ、弱腰自民党政治の象徴のような島だ。今頃資料の調査をして展示館を作るのだと…。自民党政権では永久に取り返せないだろうね、こんな態度では。政策に「魂」が入っていない!島嶼奪還部隊を作り、米軍との合同訓練も実施し、練度を高めてきたのである。改憲の暁には竹島奪還を果たしますくらいが言えないのなら、島嶼奪還部隊など不要ではないか。韓国相手にさえ使えぬ部隊を中国が占拠しようとする尖閣に使えるわけがなかろう。自衛隊は政治家のおもちゃではない。

ところが、「政策BANK」の「安全保障」の冒頭では、

「中国の急激な軍拡や海洋進出、北朝鮮の核・ミサイル開発など、わが国を取り巻く安全保障環境が激変する中、専守防衛を旨とし、国民の命や平和な暮らし、領土・領海・領空を断固守り抜くため、万全の態勢を構築します」

などと言っているのだ。何十年もの間韓国に竹島をとられっぱなしでいて、「返せ竹島」の島根県の大会にもずっと見て見ぬふりをしてきた自民党政権に、こんなことを言う資格があるのか。この一事からでも自民党の公約を信じてはいけないことが分かろう。

国民には「読ませたくないから」とも思える、長〜い公約なるものを読んでみることを勧める。読めば、変な内容であることに気づくはずだ。

時に今日は、63年と2週間で他界した兄の誕生日である。死を予感していたのか、最後の誕生日の頃「会いたい、お前の料理が食べたい」と言われ、大阪まで出かけたのを思い出す。太刀魚の塩焼きをうまそうに食べていた姿が目に焼き付いている。「おめでとう」の電話ができなくて寂しい。兄との数々の思い出が頭に浮かぶ。兄の分までもと思いながらライフワークを続ける所存である。

 


| 1/650PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM