終身独裁化を危惧する

322日の産経新聞の主張(社説)欄は「露大統領の任期 『終身独裁化』を危惧する」と言う題であった。旧ソ連をはじめとする共産国・社会主義国では政権トップが生涯権力の座から降りないことの方が普通だった。権力を手放した瞬間今度は粛清の対象になることが分かっていたからだと言われる。

東西ドイツを隔てていた壁が打ち壊され、ソ連が崩壊しと雪崩を打つように共産国・社会主義国は崩壊し、民主国家に変貌した。リビアのような独裁国も「アラブの春」運動により大変化を遂げた。しかし時移り、今また独裁、それも終身独裁の動きが強まっている。振り子が反対向きに動き始めたようなのである。

上記「主張」は主にロシアにおけるプーチン大統領の終身独裁化と中国の習近平国家主席の終身独裁化を取り上げている。少し記事を引用してみよう。明快な説明が良い。

「 プーチン氏は過去に再三、大統領任期を「連続2期まで」と定めた憲法を順守すると述べてきたが、前言を見事に翻した。10日の演説でプーチン氏は、将来的には政権交代が保証されるべきだが、激動の時代には「安定」の方が重要だと任期帳消しを正当化した。詭弁(きべん)である。現任期を終えれば、プーチン氏の治世は首相期も含めて四半世紀近くになる。それでも飽き足らないのか。激動の時代にも対処できる指導者候補や政治システムをつくることこそが、本来の指導者の責務であろう。」

「懸念されるのは、プーチン政権が力で国民の不満を押さえ込み、強硬な対外政策で人々の目を国内問題からそらす手法を強めることだ」

そして中国の習近平国家主席については、

「類似する国家体質の中国では、くしくも2年前の3月に国家主席の任期制限を撤廃する改憲が行われた。折しも中国・武漢発の新型コロナウイルスをめぐり、独裁体制に起因する情報隠蔽(いんぺい)や初動の遅れが批判されている」

とある。

これらを見るに、自民党の党則を変更して最長2期を3期にして長期政権を実現し、「安倍一強」と言う「安倍独裁」と同義の言葉で呼ばれている状態が頭に浮かばないだろうか。さらに替われるものがいないからと、さらに党則を変えての安倍4選もありと言われる状態だ。もっと走りたいからとゴールを動かすがごとき様は醜い。自分の都合、欲望でルールを変えるとは…。産経新聞の主張にあるごとく、「激動の時代にも対処できる指導者候補や政治システムをつくることこそが、本来の指導者の責務であろう」に見える指導者の責務を全くなさなかったことが明白である。

はて、この産経新聞の主張は、プーチン、、習近平を例としながら本心では安倍晋三首相に忠告していたのかもしれない。

かつてヨーロッパに独裁の王がいたそうな。何故と聞かれ「朕が治めてやらねば民が不幸になる」と言ったことを言ったとか。独裁者は常にこのような屁理屈をこねるものである。

 


オランダせんべい

「オランダせんべい」なる菓子がある。東北人(奥州人)なら知らない人を探すのに苦労するような、有名なせんべいだ。初めてその名を耳にしたのは秋田の方からだった。なんでも子供の時から良くおやつに食べていたとか。その後東北の色々な人に同じような話を聞いた。

この『オランダせんべい』は山形県酒田市の酒田米菓が作っているものだ。山形にはもう一つ、私の好む豆菓子「でんろく豆」があり、入手は容易である。ところが『オランダせんべい』を見かけることがなく、一度食べてみたいと思っていた。それを最近仙台駅の新幹線南口を入ったところにあるニューデイズで見つけたのである。昔ながらのスタイルではないとのことだが、嬉々として購入した。

『オランダせんべい』という名前で、パッケージにはオランダの風車が描かれているのだが、実はオランダとは全く無縁なのである。庄内美人とか、庄内おばこといった有名な言葉があるが、その山形県庄内地方では「私たち」の事を「おらだ」と言うそうな。その「おらだ」をいわばシャレて『オランダ』にしたというわけだ。昭和37年から庄内のうるち米100%を使用して製造販売を続けてきているという。

早速食べてみた。初めて口にしたつもりだったが、この姿、味には確かにおぼえがある。「オランダせんべい」と意識せずにあちこちで食べていたのであろう。「これ、うめがら食えとて」と言ったサハリンでの戦友秋田の湊徳美さんや、パリ以来の友人の鶴岡の阿部さんの奥様(おばこ、と私は呼びかけている)の「それでの、こっちさ来たらの」というゆったりした、優雅な庄内弁を思い出す。

まんず、うめ煎餅だごと、食べてみてけろ。(これで合ってるべか)

今日はエイプリルフール、まじめな話が嘘と思われるのも…と思ってこんな記事にしてみた。

 


「おじさん政治をぶっ壊す」と言うけれど、「おばさん政治」に変わると良くなるのかえ?

稲田朋美が首相を目指しているらしく、そのために「おじさん政治をぶっ壊す」と言っているそうな。どうやら男女平等主義の人ではないらしい。「おじさん政治」のどこがいけないのかね。おじさんが男だからだろうか。「おじさん政治」がだめなら「おばさん政治」が良いとでもいうのだろうか。「おじさん」とか「おばさん」と言った性の相違になどとらわれずに、「清潔な政治」「公平な政治」「透明な政治」「国民を向いた政治」など求めるべき政治はいくらでもあるではないか。

それに「ぶっ壊す」だけでは何も良くはなるまい。壊した後、次にはどういう政治を造るのかを言わなくちゃ。何やらかつて「自民党をぶっ壊す」と言って首相になった小泉純一郎氏にあやかって「ぶっ壊す」がラッキーワードとでも思っているのかもしれない。

それにしてもこんな次元の低いことを叫ぶ人を首相になんかしたくは思わないな。どうせなら日本の大問題である『ボクチャン政治』をぶっ壊してもらいたいね。出来るわけはないが…

 


中村祐輔氏のCritical Comment

伯父は同期の沖中先生の処方で、父は大阪の糖尿病センターの処方で、叔父は都内の病院の処方で糖尿病の薬をもらっていた。そして服用したのは全く同じ薬であり、同じ副作用により、出先での心臓発作で死亡した。兄は子供の頃の注射器の滅菌不足(医者の手抜き)により、予防注射でC型肝炎にかかり、63歳で進行した肝がんで死亡した。すべては「医原性」と言う言葉でくくれるのではないだろうか。これらの事例から、私は、健康は医者に近づかないことで得られると感じるようになった。

しかし「これはしっかりした医者・医学者だ」と感じる人がいる。「がん研がんプレシジョン医療研究センター」所長の中村祐輔氏である。産経新聞に掲載される「正論」欄の論説を読んで、科学的な明快な論理的文章に優秀さがにじみ出ていると感じる。325日の『正論』の題は「コロナ感染対策「異質の国」日本」である。安倍政権に対する阿り記事の多い中、氏の指摘は政府に対し批判的である。肝心の部分を抜き出してみよう。

「PCR検査の観点からは、明らかに見たくないものを見ないように目を背けているだけに映ってしまう。感染症を含め、いかなる災害・天災対策は、正確な現状把握が根底にあってこそ正しい対策につながるのではないだろうか。医療崩壊を防ぐために数字を抑え込むのは科学的ではない。現実を直視することなく、この手ごわい感染症を封じ込めることは難しい。」

ちょっと前の、

「感染者が急増する欧米と、感染の急拡大をかろうじて抑えていると説明されている日本の状況を、そのまま単純比較するのが難しい理由はPCR検査数という現実である。厚生労働大臣の国会における答弁にもかかわらず、検査数が増えない理由については、検査態勢が整わないのか、一部の識者が述べているように意図的に検査を絞り込んでいるのか、私には知るすべはない。3月1日から21日までの、1日あたりの平均検査実施数は千件に満たない。面従腹背ではないと願いたい。一時は騒いでいたメディアも、少ない検査数についてほとんど触れなくなった。」

からも分かるように、数千の検査能力があるというのに1日千件に満たない実検査数には政治が絡んでいる可能性があると匂わせている。そして、

「検査を抑え込んだまま感染が深く静かに広がれば、一気に危機的状況を生み出してしまう。PCR検査で感染者数が急増したとしても、無症状者や軽症者を収容できる体制を整え、重症者が十分な医療を受けることができる環境整備が国の責任だ。」

とも指摘している。政府、厚生労働省の対応が間違っていると指摘しているのだ。もろもろの統計データの改ざん・捏造と似たようなことが感染症対策に於ても行われているらしい。感染者の爆発的増加が隠しきれなくなった時、日本は地獄絵図のようになるかもしれない。

氏は末尾でこのように言っている。

「疑わしきは検査をして感染者をできる限り見つけ、隔離するのが健康被害を最小限にする最善の方策のはずだ」

そうであれば、「疑わしくとも検査せずに統計から外す」政府のやり方は最悪なのではないか?

記事は以下で読める。

https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200325/0001.html

 


アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(282)

先週まで1羽残っていた広瀬川の白鳥も北に飛び立ったようである。それにしても三十数羽もいた中で1羽だけ残っていたいわば逸れ鳥に、ふとわが身を重ねたりする。しかし、1羽で北に向かうその心意気や良し、周りに合わせての安心より孤高の精神を尊ぶ姿に共感を感ずる。

さて本日の特別ランチは鮟鱇だ。メインは「鮟鱇のバターソテー」だ。長ネギと桜エビの焦がしバター醤油ソースで食べる。鮟鱇そのものよりソースの味が深い。桜エビの香りもバターの旨味も強いが何かもう一つがあるようだ。聞けば、鮟鱇のソースをわずかに加えてあるとか。

ちょっと感激ものなのが鮟鱇の味噌汁だ。鮟鱇のアラをしゃぶる。プルプルした触感がたまらない。柔らかく撓る骨を口の中で下で別けて、取り出す。こいつが旨い!

デザートは米粉と豆腐と抹茶のシフォンケーキだ。そてに抹茶のカスタードクリームがかかっている。米粉の触感が舌に、抹茶の香りが鼻に、甘さを抑えているが多彩な感覚を与えてくれる。

 

 


石油資源開発元副社長、中山勧氏を悼む

石油資源開発株式会社元副社長の中山勧氏の訃報を得た。同社元役員の友人が教えてくれたのである。昨年まで来ていた同氏からの年賀状が今年はこなかったので、ご高齢でもあり、体調を崩されているのではと気になっていた。そういえば昨年の年賀状にも氏らしからぬ気弱な言葉が添えられていたのを思い出した。

中山勧氏は東京大学工学部の出身である。特殊法人であった旧石油資源開発から石油開発公団事業本部に移り、そこから石油資源開発が分離独立するときに石油開発公団に居残った人である。私が初めてお目にかかったのは石油開発公団から石油資源開発に天下ってきてからだった。と言っても私自身は出向に次ぐ出向でずっと後になり、本社探鉱部総合課長にアサインされた時が初めてだった。

私は片平常務の特命で、北海道勇払の、評価と開発計画のための技術各部横断チームのチームリーダーとなった。そのミーティングには当時生産部担当役員だった中山勧氏が参加し、後列から厳しい目を光らせていた。上下層の垂直導通を確認し、セメンチングをやめての800メートル1枚ケーシングによるアンカー仕上げと言う、何事にも慎重な(チャレンジしない)生産部、作井部が腰を抜かしそうな提案をした。それを中山勧氏は認めてくれたのである。一種の奇跡のようなことだった。それにより生産性は格段に向上し、坑井数の削減などを通じで巨額のコストセーブが可能になったのである。(もっとも生産設備に関して後年従来の屋上屋を架すような生産屋精神のために過剰投資を生み、勇払の採算は劇的な悪化を生んだようである)

私が意に反し、資材部長という事務職にさせられた時には、中山勧副社長から「わが社に於て技術と事務の双方を経験したものなどかつていない。事務の世界を見、知己を多く得ることで将来経営に携わるときにそれが大きな効果を生むはずだ」と励ましてくれた。

そんな中山勧氏の評価を知る某生産出身経営者は、だれが資材部長になるかと各業者が探っていた時、某社の幹部に「渋柿を甘柿に変えてしまうような人です」と評したという。「渋柿」に例えた点と言い、その表現は流石と言うべきである。

剛腕で強情ではあったが、その懐に飛び込んでみれば、とても暖かい人だった。会社に終生居残っている経済産業省天下りにはない稀有の能力を持った人だと感じている。彼が会社に残っていれば、PBRが0.21などというボロ会社ではなく、石油資源開発を今少し誇れる会社にできたのではないかと惜しむ。

氏の名前「勧」は「すすむ」と読む。図らずも私の名前「進」と同じ読みだ。親しみもまた一入である。

中山勧氏の期待通りに石油資源開発に貢献できればとの願いは叶わなかったが、ライフワークに鋭意取り組んで成果を出しつつある。ご厚情とご厚意に感謝している。いたっずらぽい目をしながら微笑む顔が目に浮かぶ。

勧さん!有難うございました。

 


株価純資産倍率が0.25はボロ会社の証

読売新聞(3月18日)の経済面には「市場動揺収まらず」なる見出しの記事が出ている。記事はもちろんコロナウィルスによる感染拡大とそれがもたらしている経済への深刻な影響だ。そして日銀のETF購入増に関しても触れている。自国の企業の株式を中央銀行が買い入れて株価を釣り上げておくなどと言う方策は勿論”インチキ”とか“禁じ手”と呼ばれるものだろう。それをさらに増やすというのだから自由経済の放棄に他ならない。尤も異次元の金融緩和と言う、短期のカンフル剤的な措置を短期どころか7年も続けて目標の物価上昇率に導けない日銀の”憐れむべき”低能力を見れば、「適切な対応を躊躇なく」と言うけれど、それが「選択肢を持たぬから迷うことなく」の意味かと思わせてしまうのである。

さて、その記事の脇に解説記事がある。「PBR1倍割れ」と言うものだ。PBR、すなわち株価純資産倍率とは「株価」を「1株当たりの純資産」で割ったものである。1倍を割ると会社を清算して残る純資産の額が、株を売って得られる金額を上回り、理屈の上では、解散したほうが価値が高い計算となる。特に長期で投資する際は、PBR1倍は「株価の下限ともみなされる」(アナリスト)という、とある。

では経済産業省が黄金株を持ってまで支配する国際石油開発帝石(INPEX)の場合を見てみよう。コロナウィルスの影響前でも0.45くらいだったか。そして現在(3月19日現在)ではなんと0.25なのである。単純には、株をすべて買い取り会社を解散すれば4倍になるという代物だ。PBRから見ればとんでもないボロ会社だということになる。誰も将来性があると思っていないからこそこんな株価になるのだろう。いや、純資産を投資家が信用してなどいないということかもしれない。

もっと悲劇的なのは石油資源開発だ。なんとPBRは0.20!ボロ以下なのである。こちらはこの超低油価だとカナダオイルサンドの大問題が隠しきれなくなってしまうだろう。

そして驚くなかれこのみじめな状態の2社はともに経済産業省が経営しているような会社なのだ。予算を使うことしかしてこなかった経産役人に企業の経営などできないことを証明しているようだ。落日日本は理由なくしてできたのではない。

 


性弱説を参考にすれば、ゲームは禁止すべきだ

イスラムの世界では飲酒は禁じられている。少しくらいならいいじゃないか、との意見は認められない。それこそ一滴も飲むなと言うのである。飲酒運転は禁止だと言っても飲酒運転による事故のなんと多いことか。酒と言う最悪最強のドラッグを禁止したほうが良いと私は思うが。

さてイスラムは何故飲酒を認めないか。それは人間に対する深い観察・洞察に基づいた「人と言うものは弱いものである」との、性善説でも性悪説でもない性弱説に基づいたものなのである。

「人は一杯飲むだけだと心に誓って酒を一杯飲むのだが、一杯飲んだ時には心が弱くなり、最初の誓いが消えていき、ついには多量に飲んでしまうものなのだ」という性弱説なのである。植木等の歌にもあったではないか、「ちょいと一杯の積りで飲んで、何時の間にやらはしご酒、気が付きゃホームのベンチでごろ寝♪」である。

3月18日に香川県が条例を定めた。子供のゲーム利用を一日60分以内に限定することが含まれている。こんな半端なことを考えるのは性弱説を知らぬからだろう。中毒性や依存性を持つものに、これだけにするという制限が如何に効果のないものかを知っているはずではないか。未成年のゲーム利用は禁止とした方が良いのである。本来は条例で規制するよりも「金儲けよりも健全な次世代の育成の方が重要」との当たり前の価値観をゲーム屋が持つべきなのである。儲かるなら子供がゲーム脳になっても、依存症になっても知らないという企業の体質が問題なのではないか。

安倍首相もくだらない”政治決断”ではなく後世「名宰相」と呼ばれるような政治決断をして、人間を馬鹿にするようなものを排除する政策に取り組んで欲しいものだ。

 


| 1/685PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(88)人事考課を書き換えさせた石油資源開発人事部
    名無し (10/15)
  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM