任命責任よりも「任明能力」の方が問題ではないか

今村復興担当大臣の馬鹿発言でまたもや大臣の辞任となった。しかし、ひどい言い方ではあるのだが、「怪しからん」との感情論だけでは本質を見失おう。今村氏の発言は前後も含めて聞けば「首都圏でなくてよかった」「首都圏での災害であればもっと被災者は多くもっと被害は甚大だった」と言う趣旨だったと思えるのである。それをメディアは「東北で良かった」とのごく一部を切り取って大騒ぎしたのである。冷静にその趣旨を解説すれば被災地の人が激昂することはなかったのではないか。まるで「背中から人を斬るが如き振る舞い」をするのである。或る意味で卑怯だ。私はこの今村氏も、二階自民党幹事長も好きではないが、二階氏がマスコミを批判した言葉は当然なものに感じた。原発が首都圏や大都市近傍に存在しない理由を考えてみると良い。原発事故、又はテロなどで制御不能となった時の災害規模は甚大である。その可能性が現実的にあると認識していたからこそ、人口密集地を避けて首都圏等から離れた比較的過疎の地域に原発立地を求めてきたのである。そして危険だからこそ立地交付金という金を撒いてきたのである。原発は「安全だ」と言い続けてきた政府の基本的考え方がそうだったのである。或る意味で今村大臣は「バカ正直」だったとも言えよう。政治家としては失格なのだろうが。

さて、安倍内閣だが、将来の首相候補などと持ち上げた”小娘”のような小渕優子は政治資金問題で追い詰められると会計データを破壊して逃げた。第三者の調査を急いで実施して結果を報告すると記者会見で言ったきり何年も知らんぷりだ。責任感のかけらも見えない。TPPで”活躍”した甘利氏の口利き問題も入院してほとぼりをさまして知らん顔。これまた一切説明などしない、その後も不倫や何やらと不祥事を起こすものが続出し、最近は首相夫人まで疑惑の“中心”になる始末だ。

安倍内閣は「お友達内閣」と言われる。そして「友は類を以て集まる」と言う言葉もある。となれば安倍首相本人の資質が疑われかねない。これだけ資質や行動に問題のある人を政府の要職に起用するのではもはや任命責任より、任命能力の問題と捉えるべきではないか。

「緩み」の問題ではなく、明らかに「資質」に根本的問題があるように見えてくる。そんなものを選ぶのは、首相をかばうわけではないが、側近の目(能力)に大きな問題があるのではないか。

時に安倍首相は今村氏の件に関して「任命責任は私にあります」と述べた。だが良く考えてほしい。責任者は誰かが明確になれば終りで良いのか。責任者は責任を取らなければならない。メーカーというものは欠陥品を取り換えれば責任を取ったことになるわけではないだろう。欠陥品など製造、販売しないようにしなければならない。大臣、政務官が欠陥品だからと言って交換するだけでは責任を取ったことにはならぬと思うが。

更迭を繰り返すのではなく、資質、能力、更に言いたくはないが常識・良識のある人物を選ぶべきなのである。

 


味の素の「グリナ」CMの日本語の誤り

味の素が宣伝している「グリナ」という商品がある。服用すればぐっすり眠れるというものだ。しかしそのCM内での「ぐっすり」の使い方が間違っている。味の素の社長は正しい日本語が話せない人なのだろうか。CMのQCは製品、商品のQCの鏡であるということは何度も指摘してきたところだ。

「順調に」は肯定文に使う言葉である。「順調に進んだ」のように使う。否定文で使う場合には「順調には進まなかった」というように「順調に」に「は」を付け加えて使う物だ。ぐっすりも同様である。「ぐっすり眠る」は正しいが「ぐっすり眠れない」は間違いである。「眠れない」に使いたければ「ぐっすりとは眠れない」としなければならない。味の素は調味料や健康補助剤を作る以前に社員に「日本語の素」でも配った方が良いのではないか。恐らく社内文書も間違いだらけの日本語で出来上がっているのだろうと想像する。とても、商品の品質を100%信用する気持ちにはならない。

(仙台市河原町、南材小学校の桜)

 


半島有事の際に反日避難民の受け入れを拒否すべきではないか

いよいよ米軍海上部隊が朝鮮半島東海上に近づく時が来た。米国も金正恩もどちらも引けぬところになった。北朝鮮の核放棄を求めるトランプ米大統領は、何も明確にならぬうちに部隊を引き上げるわけにはいかないだろう。空母などが太平洋に引き上げた後で核実験が行われたら面子も何もあったものではない。又金正恩の方も、米国艦隊が来たから沈黙したとあってはこれまた北朝鮮国内での権力基盤が崩れる可能性があるからそうはできない。突っ張り合いの末無謀な戦争になることは歴史的にも珍しいことではない。中国が北朝鮮の核武装を解除できるならおさまるだろうが、北朝鮮が言うことを聞くとも思えない。ならば戦争が起きる可能性が高い。どの規模の戦争で終結できるかを考えるべき時に既になっているのではなかろうか。

さて、先にも書いたようにソウルは北朝鮮国境に近い。大砲の射程内だと言うのだから、ミサイルの核のと言う前に砲弾が飛んでくる。そしてソウルには韓国の相当程度の人口が集中している。いざ戦争となれば、韓国国民は南へ南へと逃げるほかあるまい。そして対馬海峡の海岸に至る。天気が良ければ見える所に対馬、つまり日本がある。人口とビジネスの集中したソウルが焼け野原になれば、韓国内にいても生活はできまい。当然日本に押し寄せることになろう。

公益財団法人新聞通信調査会は、米英仏中韓タイの6カ国で今年2月、各約1千人から回答を得た「対日メディア世論調査」の結果を発表した。「日本を信頼できる国だと思いますか」とたずねたところ「とても信頼できる」「やや信頼できる」と答えた人の割合は韓国で13・8%、中国で16・9%。昨年比でそれぞれ3・4ポイント、0・7ポイント下落した。米では76・7%、英は65・4%、仏は80・4%、タイは89・0%だった。 

何と86%以上の韓国人が日本を信用していないのである。その事は世論調査を待つまでもなく慰安婦像の問題や、果てしない謝罪(と言う名の金銭要求)で明らかだろう。

韓国へのTHAADミサイル配備の方針発表を受けての中国の韓国への“イジワル”の激しいことを知っているだろう。朝鮮半島有事の時に中国は北朝鮮側につく可能性がきわめて高い。敵国の韓国難民を受け入れるわけがない。習近平主席がトランプ大統領に「コレアはかつて中国の一部だった」と述べたと伝わるが、その関係であっても拒否するだろう。

その反日を掲げる韓国難民をわが日本が受け入れる必要はない。それどころか受け入れるべきではない。日本には在日がらみや韓国利権がらみで韓国に肩入れするものがかなりいるが、反日国から難民を受け入れるのは愚行である。へつらうかと見せて、背を見せれば襲いかかるといった行動は新羅の時代からの特徴である。『太安万侶の暗号』シリーズの執筆のための調査研究を通じてその事に強い印象を受けた。これ以上渡来民を増やさないでほしいのである。まして反日の民なら尚更だ。

(この桜は仙台市河原町の嶋田精肉店の枝垂れ桜である。なんと、福島県三春の滝桜の種からの苗木を植えて育てたものだ。裏庭にあるので、見るには許可が必要だ)

 


お言葉だけでもあってはならぬこと、それが実現してはなおの事では

天皇に並々ならぬ権威があるが故に、天皇は政治むきの事も、皇室制度に関しても発言すべきではないし、政治的発言は憲法で禁止されてきたのである。

しかるに天皇陛下は「お気持ち」を公になされてしまった。憲法の観点からは、その”お気持ち”は無視すべきものであったろう。一個人としては勿論そのお気持ちも理解できるし、何とかして差し上げたいのだが、ひとたびそれを認めれば、例のある例外となって「例外」の言葉は実体のない空虚なものになってしまう。次のような報道もある。

「政府の有識者会議が21日、最終報告書を発表した。退位実現に向けた具体的な内容が盛り込まれ、宮内庁は「お言葉の実現に近づいた」(幹部)と歓迎する。(時事通信)

天皇は、そのような言葉を発してはならず、又政府はその言葉の実現などをしてはならないのである。「お言葉の実現」を歓迎した宮内庁など憲法や法以前に、なぜ象徴天皇制になっているかの意義すら解さない愚かな連中に見えるではないか。

産経新聞(422)一面にも譲位関係の記事がある。そこに阿比留瑠比氏の署名記事が付随している。「お気持ち表明は今回限りに」と題するものなのだが、「極言御免」という欄を持つ阿比留氏から極言が消え、半ば”圧力”、“風”に従った様な記事内容になっている。組織の中で上位に進めば、大勢に飲まれぬまでも切っ先が鈍るものなのは知るところではあるが、阿比留氏には言論人、新聞記者の魂を貫いてほしい気がしている。その歯切れの悪さは残念である。

タイトルからしていけない。「お気持ち表明は受け入れられない」というのが本当ではないだろうか。「今回限りに」では憲法違反であっても“してしまえば”それを認め、「これからは止めてください」が繰り返されることになる。そのようにしてすべての規則、掟の形骸化が進んだのは歴史の示す所である。「将来この様なお気持ち表明が繰り返されてはならない」というのだからお気持ち表明自体が間違いだと認識しているのは明白である。しかしそれを防ぐためなのだろう「宮内庁と官邸が水面下で相談、調整し、内閣の自主的判断という形で譲位の検討を公表すれば、憲法上の問題はクリアできていた」の件は最悪である。それこそ密室で譲位が検討され、決められていくのは問題ないとしているのだ。間違いは隠れて行っても間違いである。天皇の政治的関与が水面下で行われても憲法違反である。阿比留瑠比も老いたか、又は堕落したのか?!

「玉座をもって胸壁と為すこと勿れ」との尾崎行雄の言葉を引くのならば、その恐れの現実化への道を開く今回の政府対応に否と言うべきではないのか。尾崎行雄の言葉を知って心を知らぬのでは…。いや阿比留瑠比氏がそれを知らぬわけがない。だからこそその態度に幻滅するのである。

 

 


アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(149)

本日の特別ランチは「宮城サーモンのタルタル風」というものだった。先週書いたブランド鮭、宮城サーモンをごく小さく刻む。インドネシア語で「クッチール、クッチール」というものである。それをキュウリや大葉の刻んだものと混ぜ合わせた感じである。タルタルと言うと、ロンドンのペトロレウムクラブで食べた「ステーキタルタル」を思い出す。生の牛肉のたたきと言ったら分かりやすいだろう。

そのサーモンタルタル風の上に「酢の素」という通常の酢の4倍は濃いという強烈な酢をマヨネーズに加えた特製ソースをフレンチよろしく”芸術的に”皿一面に振りかけている。サーモンの生本来のねっとりした感触が、キュウリのパリッとした感触とコントラストを織りなしている。

小鉢には、日本周辺から姿を消してしまった感があるイカの切り込みが、そして上等な赤身が手に入ったということで鉄火丼だ。マグロの赤身の上手さがしみわたる。

 


園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(86)密命「アルクトンを掘ろう」

オドプト、チャイヴォ、ダギの掘削で得られた物理検層データにおける泥岩部の電気比抵抗値など比較する人もいなかったが、それを丹念にチェックし、さらに層準ごとに図化してみた。すると興味深いことにオドプトからダギに向かってその比抵抗値が変化していくのである。

泥岩の主要構成鉱物は粘土鉱物であるが電気的性質に大きな影響を与える黄鉄鉱も存在する。黄鉄鉱は硫黄化合物であり、嫌気的な環境下での細粒堆積物中に生成する。つまり河川成の堆積物中には少なく閉鎖的或いは水深の深い環境下での堆積物に多くなる。粘土鉱物は河川成(陸成)ではモンモリロナイトが多いが海洋で、しかも圧密を受ける環境下ではイライトが増加する。モンモリロナイトは平板状の結晶構造の中に水分子を含有するが、イライトになるとOH基を含有するものになる。同様の結晶構造を持つ白雲母がトースターに使われるのは絶縁体であるからだ。すなわち電気伝導度は無視できるほどに小さい。因みに検層解析でシュランベルジャーなどが書いているシェール(頁岩)の比抵抗が小さいなとということは誤りである。低比抵抗の原因は孔隙内の水と含有黄鉄鉱の量に依存しているのである。地質学科でも鉱物、岩石の物性を教えないのが、と言うより地質を志すものが鉱物の物理的性質を知ろうとしないことに問題の原因があるのだろう。そして業者のマニュアルを“覚える”ばかりで自らの頭で考えぬのもその誤りの原因である。

さて、泥岩における比抵抗値の水平的変化は、泥岩の生成環境の差を表すことが分かった。その分布からデルタ性砂岩の発達域が推定できるのである。これから、ダギよりも未試掘のアルクトンの方がはるかに砂岩層の発達が期待できると判断した。その検討結果を社内で話し、オドプトよりもアルクトンの方が石油ポテンシャルが高いと、プルダウン現象がない点からも判断し、時の岸専務からの直接指示により、次年度のオドプト掘削をアルクトンの試掘に変更する”水面下”での交渉をするため単身サハリンに真冬にも拘らず出張をした。ソ連側は説得できたのだが、漸くまとめたその時に東京本社から電話で、交渉は打ち切りにして帰国せよとの指示が来た。サハリン石油開発協力内で何かが起きたのであろうが、急にはしごを外されて、ソ連側への対応に窮してしまった。勿論その後会社の上司を信用しなくなった。身を粉にして働く値打ちがないのであった。

 


誕生日に思う

昨日、421日は我が誕生日であった。69歳となったのである。古希まで残り1年かと思うと多くの事に感慨ひとしおである。

65歳の夏にヘモグロビンA1cが14にまで上昇しているのが分かり、余命3年ほどと医師に告げられてから自己流で改善を志し、半年後には7以下となり現在に至っている。最低58キロ弱まで落ちた体重もかなり回復し、現在は64キロ弱という所だから、ヘモグロビンA1cの値はそのままに体重が約6キロ増加したことになる。いまだに薬を一切服用しない生活であり、冬の仙台にあっても暖房をすることなく、風邪もひかずに過ごしている。この分ならもう一戦、いや二戦はできるだろうと思っている。

誕生日と言っても子供たちからは電話もメールも来ない。誕生日どころか正月も同様なのだから、私の若い時とは大違いだ。毎週のように電話し、両親の様子を聞いたのだが、自分の子は親の様子など気にならぬようなのである。政府の希望する自宅での介護や看取りなど絵に描いた餅どころか絵にもならぬというのが実態ではなかろうか。

それでも何人かの方たちから電話やメールが来た。行きつけのカフェしづかでは、チョコレートケーキをサービスして戴いた。執筆仕事は一日休み、ぼんやりして過ごしたのだが、かえって疲れが出た。やはりトップスピードで走り続けなければならないようだ。回遊魚とはよく言ったものである。

それでもオーストラリアからキスマーク入りのメールが届いたり、友人の3歳のお孫さん(女の子)から「おめでとう。幾つになったの?」なんてかわいらしい電話があったりした。一瞬だが家族のぬくもりに触れた気持がした。

 


半島有事の際の日本国民の保護について

仮定の事ではあるが考え、そして計画し、シミュレーションをしておかなければならない。勿論朝鮮半島有事の時の在韓国日本人の脱出に関してである。

民間航空機での韓国脱出ができないとき、自衛隊機による邦人輸送も検討すると稲田防衛大臣が418日の衆院安全保障委員会で述べたという。

しかし本当に実際の状況を考えて検討しているのかが気になるところだ。邦人数万人の韓国脱出というのだが、その原因が南北朝鮮(北朝鮮による韓国攻撃)の軍事衝突にあるなら、韓国からの韓国人の脱出も同時に起こる筈である。韓国では国民のかなりの部分がソウルおよびその近郊に集中していて、しかもソウルは北朝鮮からの砲撃ですら直接攻撃可能な近距離にあるのだ。大パニックがソウルなどで起きるに違いない。そう言う状況下で日本大使館が音頭を取っても、指定する集合場所に邦人を集めることができるのだろうか。上手く集め飛行場に移送したとしても、自衛隊機に乗ろうとする韓国人群衆が押しかけた場合自衛隊はどう対処するのだ。すぐに興奮し、見境なく行動するその国民性からは整然と邦人を自衛隊機に乗せて脱出など、絵空事に近いのではないか。もしも群衆が押し寄せた時、発砲してでも邦人救出任務を遂行する覚悟があるのか。稲田大臣にそのような冷徹な判断ができるようには思えないのだが。

かつてインドネシアのジャカルタに駐在していた時、大規模な暴動が発生したために国外に脱出したことがある。バスの先導はインドネシア軍の装甲車だった。その経験から、戦争状態の元ではそれよりはるかに集合も移動も困難であると想像できる。バスがチャーターできるか、飛行場まで先導と警護をする軍隊をどうするのかなど多くの問題がある。

危険が迫る前に予防的に退避できるものは早目にいったん帰国させるべきではないだろうか。大事になってから「あの時の判断は何故…」などと言っても間に合わないのだから。数万人の邦人の韓国脱出にどれだけの飛行機を用意し、飛ばさなければならないか。その安全な離着陸をどうして確保するのか。現実的でないことは明白である。ならば現実に対応できる人数まで滞在者数を減らしておくべきだと思う。

思い出すべきことがある。イラン革命の時だったか、テヘランの空港が戦時につき閉鎖される前に国外に脱出しようと邦人二百数十名がテヘラン空港に集まっていた。しかし日本政府は民間機も自衛隊機も救出に向かわせなかった。自国民を捨てたと言ってよいのではないか。脱出の望みが消えかけた空港閉鎖直前のテヘラン空港に着陸したトルコ航空機があった。何とそれはトルコ政府が日本人救出のために派遣したものだった。遠い昔オスマントルコの舟が日本で座礁した時の日本人の懸命の救助とその後のケアに対する恩に報いるという行動だった。そしてトルコ航空機は日本にまで邦人を送り届けたのである。危険なのは日本政府が派遣する場合と同じである。救出された人たちは自国政府よりトルコ政府に感謝したという。当然である。

それを参考にすれば、朝鮮有事の際、すなわち戦闘が始まってからの韓国にわが国の民間機が邦人救出のために行くはずがないだろう。稲田大臣が民間航空会社に協力を打診したとの報道がなされたが、単なるジェスチャーとしか思えない。外国における騒乱時に邦人救出を行わなかった前例が日本政府にはあるのである。不要不急のものは早期に韓国外に出るべきだろう。

なお、本日は私の誕生日である。何と69歳。100までには31年もある。まだ相当調査研究や執筆はできそうだ。

 


| 1/539PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    sachi (04/16)
  • 日本語がおかしい
    匿名 (03/19)
  • 外国製洗濯機を買い替えた。驚くべき値段だった
    James (03/01)
  • 石油天然ガス埋蔵量の評価ミスや粉飾に注意を!
    giinnokoe (11/11)
  • 石油天然ガス埋蔵量の評価ミスや粉飾に注意を!
    giinnokoe (11/02)
  • JOGMEC法案に関する「国会議員の声を聞く」のコメントについて
    giinnokoe (10/31)
  • 10月7日に閣議決定された「JOGMEC法案」について
    giinnokoe (10/29)
  • 10月7日に閣議決定された「JOGMEC法案」について
    giinnokoe (10/27)
  • 日露天然ガスパイプライン構想について、また現れたか亡霊が
    giinnokoe (10/25)
  • 10月7日に閣議決定された「JOGMEC法案」について
    giinnokoe (10/19)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM