福島原発の放射能汚染水の処理、海への放流に問題なしというなら

福島原発事故による放射性汚染水は今なお増加の一途である。根本原因を取り除くことができないのだから解決のめどなど立たない。そんな状況が現実に起きているのに、原子力発電をどんどんすべきだと主張する櫻井よしこのような人がいる。

さて、実際には、トリチウム“だけ”が残存しているという処理済みの汚染水にもまだ各種放射性物質が含まれているようだ。ともあれ、貯蔵タンクは既に飽和状態だ。もう溜めておけないという理由が、危険物を、薄めれば安全だからとの苦し紛れの理由付けを生んでいるように見える。そして原子力安全規制委員会も、東電も海への放流を提案している。

片や漁協は海洋放出に絶対反対だ。当然だろう。原子力発電所建設に際しては、放射能漏れを絶対に起こしません、安全ですと言って来たのだ。しかしながら事故の際の犠牲を少なくするために過疎地に設置し、しかも絶対放出しないという発電施設には、ベントという放出設備を備えていた。言わば安全と嘘をついてきたのである。

絶対漏らしませんという放射性物質が漏れ、貯まりすぎたから、今度は薄めれば安全ですと言って海洋放出を言い出す。何処まで行っても嘘だらけではないか。

東電が安全だと主張する処理汚染水であるが、漁協が海洋放出に反対する。解決策は処理汚染水をタンカーに積み込み、遠くの海に放出すればよい。本当に安全であれば、諸外国も海洋または河川放出をしているというならば、何処からも反対などされないであろう。太平洋でも、東シナ海でもよいではないか。

その場合に、近隣国から危険な処理汚染水の投棄は許さないとの反対があれば、やはり危険だということになる。質量保存の法則により、希釈して放出しても、放射性物質の放出量は不変である。地球を汚しているのは事実なのだ。確かに、世界の海水の量はそれこそ莫大である。海水で自然に希釈されるからというなら、原発施設に放射性物質を閉じ込めようとした姿勢に根本的な疑念も生じかねない。

地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素も、当初は圧倒的領である地球大気の中に放出しても問題ないと考えていたのではないか。それが現実的に異常気象どころか、地震の原因ともなりつつある。放射性物質の海洋放出も問題になってからでは遅いのである。

かつて、工場排水の小さな池を工場入口に作り、そこにコイなどを放って、排水の安全性をアピールしていた工場が多く見られた。これに倣い、トリチウム水を薄めてプールに入れ、そこで東京電力役員が連日のように水泳をしてみせるといった安全アピールのパーフォーマンスでもしてみたらよいのではないか。安倍首相をはじめ、福島産の作物を食べてみせるのと同じパーフォーマンスである。

言い逃れ、付け焼刃な対策、嘘、すべて止めるべきだ。原発と電力会社そしてその周辺にはダーティーかつ非科学的な部分が多すぎる。

 


アヴェード ヴァスクレセーニィヤ(みちたけランチ)(217)

秋風の温度が日に日に下がるような感じで、遂に厚手の掛布団だけでは足りず、毛布を1枚加えた。しばらく忘れていたぬくぬくの暖かさに心地よくて、布団から出にくい状態となっている。春と秋、近年はぐっと短くなってしまったが一番良い季節である。

秋の彼岸が近づくと季節を忘れずに必ず萩が花をつける。仙台は萩の名所。「伽羅先代萩」なる歌舞伎の演目もあるくらいだ。

さて、本日の特別ランチは「ヒラメのバタームニエル」である。皿にクミン風味のトマトソース(豆乳ベース)と紫蘇オイルを載せ、そこにヒラメの厚手のムニエルが、下部がトマトソースに若干埋まるかのように置かれ、彩りよく、エリンギ、カボチャ、プチトマトが添えられている。エリンギの白、カボチャの黄色、そしてプチトマトの赤が目に原色系の刺激を与える。

あっさりした癖のないヒラメは、刺身は勿論旨いがこうした料理にも最適の素材だ。どんな色にも染まると言う白無垢の花嫁のようなのだ。

小鉢は古川茄子の肉みそ和え、デザートは今年初のイチジクのコンポートだ。何時もと違い今日は鉄火丼である。マグロが上質だ。正に上品な脂がのっている。獣肉の脂とはその上品さに大きな差があると言える。

 


園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(157)開発銀行への説明

勇払のガス田開発について日本開発銀行の融資を利用しようとと手続きが始まった。勇払ガス田の概要を説明し、その後開発対象の資産価値の基礎である埋蔵量を納得させ、さらに開発・生産計画の妥当性を理解させ、最後にその商業性を説明する必要があった。

開銀の担当者が3人くらい来た。会議の冒頭は経理部の佐藤弘の挨拶だ。そして原始埋蔵量の説明を私が行った。十分コンサーバティブに見た原始埋蔵量であることが理解された。次は生産部の三樹による可採埋蔵量の説明と開発計画という具合に進行していった。以降の説明は担当部分だけの説明をして退室した私には分からない。

しかし、開銀説明は不調に終わった。

可採埋蔵量の説明が上手く行かず、開銀担当者に不信感を持たれてしまったのである。陪席していた経理部の佐藤氏も困ってしまっていた。説明会は日を改めてやり直しになったのである。

結果的には了承されたのだが、あれだけ開発検討チームで練り上げたにもかかわらず、スムーズな説明ができないのには驚いた。プレゼンテーション能力のないものを課長になどしてはいけないのである。もっとも、嘘をまことしやかに上手に話すものはもっと問題だが。

 


『万葉伝授』巻一の紹介

政治や社会の話、はてはグルメ関係と幅広くブログに書き続けているが、肝心の日本の古代史の研究というライフワークについてはほとんど触れていない。電子書籍として出版した、萬葉集の再解読結果に関して、少しは説明をブログに載せ、紹介しようと思う。今日は『万葉伝授』第1巻の紹介だ。

 

【紹介文】

『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』(郁朋社)で解き明かしたように、北魏皇統の末が継体朝に渡来し、天武天皇に至って遂に漢家本朝を完成させた。その渡来の事実を隠し、あたかも天照日神から続く皇統の後継者であるかのように偽るために偽史である『日本書紀』を編纂した。それだけでは不足だと中国からの渡来人であるにも拘らず、倭人であるように見せるために柿本人麻呂こと大三輪朝臣高市麻呂に彼らが詠んだ和歌集を編纂させた。
しかしいろは歌などの解読により、『萬葉集』にも秘密の言葉が隠しこまれている可能性が高いと、元々の『萬葉集』すなわち「原萬葉集」と呼ぶべき巻一と巻二の、合わせて二三四首の全首解読をした。本『萬葉傳授』シリーズ八巻はその解読結果と、それに基づく本当の歴史復元の結果を示したものである。その八巻の構成は以下のとおりである。

『萬葉傳授』巻一  「萬葉集成立の背景」「『古今傳授』の謎の解明」など
『萬葉傳授』巻二  雑歌(一) 歌番一〜歌番三五
『萬葉傳授』巻三  雑歌(二) 歌番三六〜歌番八四
『萬葉傳授』巻四  相聞歌   歌番八五〜歌番一四〇
『萬葉傳授』巻五  挽歌(一) 歌番一四一〜歌番一九三
『萬葉傳授』巻六  挽歌(二) 歌番一九四〜歌番二三四
『萬葉傳授』巻七  本論(一)「解読結果一覧」「『日本書紀』での歌謡時代分布との比較」「詠み人分析」「『古事記』歌謡との表現の差異」など
『萬葉傳授』巻八  本論(二) 「解読結果の主題別検討」「萬葉集の解読法」『釈萬葉集』

この巻一 「序論」では、先に述べた『萬葉集』成立の歴史的背景を詳述し、次に『原萬葉集』の際立った特徴について分析している。例えば、『萬葉集』の第一首は『古事記』『日本書紀』の中での第一首である「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに」という神代の歌ではない。『萬葉集』が最初の勅撰和歌集であるにもかかわらずに、である。そして、歌の時代分布は、斉明天皇、天智天皇、天武天皇、持統天皇の四代に集中している。また、詠み人は柿本人麻呂自身を除けば、その殆どが漢家本朝の構成員、すなわち北魏系渡来氏族のものたちで占められている。和歌集でありながら在地氏族の和歌が殆ど採録されていないこともその大きな特徴である。
さらに、『古事記』『日本書紀』に所載のいわゆる上代歌謡が漢字を表音文字として表記したのに対して、『古事記』『日本書紀』とは大きく異なり、漢字を表意文字として使い、訓読みを誘ったり、漢文表記を用いるなど、或る意味で漢詩表現に似た書き表し方を採用している。それらは、どの漢字を使うかで微妙な意味の区別をし、漢字が持つ特殊な意味を隠れた意味を表わすのに用いられていることを示した。さらに、一見和文のように見せて、実は漢文として読ませることで全く異なる意味を持たせることなどを可能にした。そのような手法の取りまとめは『萬葉集』の歌の解読に極めて有効だった。
勅撰和歌集の『古今和歌集』の原題は『続萬葉集』であった。そして『萬葉集』にはなかった序文が仮名序と真名序の二種類もあり、その中に『萬葉集』成立に関する事柄が記述されていた。その仮名序にある、「ならの御時」を従来は桓武天皇の第一子である平城天皇のことだとする説が主流であった。真名序には平城天子と記述されているのだから。しかし、『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』で解き明かしたように、持統天皇と元明天皇は実は藤原不比等であったのである。その元明天皇が崩御の時、墓誌に「平城御宇天皇」と記せと遺言しているのである。このことは「ならの御時」「平城天子」が元明天皇(藤原不比等)である可能性が高いことを示している。『萬葉集』巻一、巻二に記された標目の時代とピッタリ附合するからである。この件に関する検討も十分に行っている。
そして『古今傳授』というものがある。常縁から伝授を受けた宗祇はそれを三条西実隆に伝授した。さらにそれは、三条西公条、三条西実枝へと伝わる。しかし、三条西実枝が伝えるべき子の三条西実条が幼なすぎたので成人後に戻す〈返し伝授〉することとして一時的に歌道の弟子であった細川藤孝(幽斎)に伝授した。慶長五年(一六〇〇年)関ヶ原の戦いのとき、細川幽斎は、子の忠興が兵を伴って出兵した後、五百の手勢で丹後田辺城にあったが、西軍一万五千に囲まれ籠城戦となった。死を覚悟した細川幽斎は三条西実枝から伝授された歌道の奥義などを『古今傳授の証書をことごとく奉らん」と筥を使者に持たせ、八条宮智仁親王に届けた。八条宮はこのことを後陽成天皇に奏上した。慶長五年八月二十七日に勅証として八条宮智仁親王を通じて勅使が田辺城に派遣された。討ち死にしてはならぬ。城を明け渡して、身を全うせよとの勅命なのである。しかし細川幽斎はそれに従わない。その様子に天皇みずからが動いた。京都所司代の前田玄以の許に勅使が下されたのである。直ちに田辺城の囲みを解けとの勅命だった。これにより細川幽斎は田辺城を出て亀山城に遷った。朝廷がこれだけ思い切った行動に出た理由は、もし細川幽斎が討ち死にしてしまえば「本朝の神道奥義、和歌の秘密が絶え、神国のおきてもむなしくなる」と後陽成天皇が考えたから、とされている。
ところが実際に『古今傳授切り紙』などにある三鳥三木の記述を見ても取り立てて秘密など見つからない。しかし、伝世の『古今傳授』には二種類があることが分かった。鳥も木もたった三種類なのにその二種類では鳥も木も共に一種類が異なっていたのである。実際には三木は四木で、「ヲガタマノ木」「カハナ草」「サカリ苔」「めどのけずりはな」であり、三鳥は四鳥で、「ももちどり」「よぶこどり」「みやこどり」「稲負とり」である。
四鳥は百地、呼子、稲負、都であった。読みを仮名で並べてみれば、
も も ち よ ふ こ い な お ふ み や こ
となる。この文字列を漢字表記に変換すれば、
百千代不来 異名負宮子
となる。その意味は「百千代など来ない、又は来るな」「異名を負う宮子」と読めるのである。では三木の方は、「をかたまのき」「めとにけすりはな」「かはなくさ」「さかりこけ」を五音五句の形に並べてみると、
を か た ま の
き め と に け
す り は な か
は な く さ さ
か り こ け 
となり、そこから「一見しただけでは萬葉集の歌には裏の意味などないように見えるのだが、よく見ればそこかしこに秘密が隠されているのだ」との言葉が浮かび上がるのである。
又郡上八幡市の東氏記念館の『古今集傳授切紙』の心の字からは神璽というものの正体が浮かび上がる。三輪大社の即位灌頂の儀式の資料との比較などから三種神器の秘密にも迫っている。
詳しくは本書を手に取ってご覧いただきたい。と言っても、電子書籍であるから「ダウンロードしてお読みください」が正しいのだろう。

 


愚論の目立つ”正論”の中に珍しい正論を見た

戦後教育の当然の結果が表れたとも言える日本人の劣化は産経新聞の「正論」と題するコーナーの論評の多くが愚論であるという点にも表れている。新保祐司を始めとした箸にも棒にもかからぬ、稚拙極まる考察、或いは宗教にも似た思い込みが蔓延する中に、これぞ本物と言う論説を見た。その教養の深さ、視点の確かさ、卓抜した論理…何をとっても一流だと感じる。

その人の名は西尾幹二、9月7日の産経新聞の「正論」、「内部をむしばむ国民の深い諦め」を是非、一読、いや二読も三読もして欲しい。本来東大の秀才とははこういう頭脳を言うのであろう。東大生と言えどもその90%は“並”の優等生であり、これはできる、と言う特別な優等生はほんの数%だ。

同じ9月7日の産経新聞の「極言御免」と読み比べてみることを勧める。如何に書き手の能力に差があるかは“一読”瞭然だろう。書き手の阿比留瑠比は早稲田の政経の出身である。西尾幹二の前では、「ブータレ小僧の訳の分からぬ不平」レベル(極言御免!)であることが良く分かると思う。格が違うと言うか、月とすっぽんと言うべきか…、資質、素養、頭脳、鍛練等すべてに大きな差があるようだ。

以下のURLのコラム記事を十分味わってほしい。

https://www.sankei.com/column/news/180907/clm1809070004-n1.html

小学生並みの作文能力の正論執筆者が多い中で、知性と教養を感じさせる文章を読んだ。こういうものが書ける人が多くなれば世の中はずっと良くなると思う。また、そう言う人の意見が政治に反映される世の中であるべきだと感じるが、現実は異なる。

西尾幹二氏のご健勝とますますのご活躍を祈りたい。良いものを読んだ。感謝。

 


防災に絡める、藤井聡の国土強靭化は土木振興?

藤井聡なる人物は、経済の人かと思っていたのだが、産経新聞の「正論」(9月12日)、「大規模国債発行で日本強靭化を」に何だか土木屋への利益誘導の匂いを感じて経歴を調べた結果、土木工学の人だと知った。やはりそうだったか、と感じた。

土木工学の人が、土木工学の技術を語る時はそれなりの意義を持つのだろうが、土木工事の必要性を説く時は眉に唾して聞いた方が良い。日本は学者と言えども、利権構造に取り込まれていることが多い、いや、ほとんどだからだ。

東大工学部の土木工学関係の大先生や、原子力工学の大先生がそれぞれの業界と相当に親密なことは知られている。

さて、前半は昨今の自然災害が異常頻発の域に入ってきたことの強調と、例えば南海トラフ地震などが起こった時の経済損失などを挙げている。そしてこのままでは日本そのものがアジアの最貧国になりかねないとして、何故か国土強靭化を叫ぶのである。それも大規模国債発行で資金を作ってというものなのだ。

国債発行を打ち出の小槌ならぬ大槌として、その莫大な金を土木につぎ込もうというのである。日本は元々地震と火山の上にある。それに地球温暖化が影響していると思われる異常気象が、時間と共に振幅を増しているようだ。福島原発など7年以上経過しても、「ビオンドコントロール」の状態のままである。この福島原発もカネをかけて防災の堤防も作っていたし、予備電源も持っていた。防災工事をしても防災効果があるかどうかは災害の程度によるのである。そしてその災害の程度は”想定”と呼ばれる、言わば恣意的な決め方の結果なのである。

東京電力が福島原発に関する津波の高さの想定を会社が負担する費用が莫大になるからと“押さえた”と言われていることはすでに周知なのである。金など国債を刷れば湧いてくるという考えならば、土木会社は”想定”を吊り上げて、強靭も強靭という高コスト、高利益の計画を作るだろう。(何やら津波対策用の防潮堤を思い出させる)

成蹊大学卒の安倍首相から見れば、東大京大卒の学者たちは、まぶしい存在かもしれないが、「頭脳明晰なもの」は「嘘も上手い」ということを忘れるべきではない。掌の上で踊らされている可能性を考えながら周囲を観察すべきだと思う。

少し別の観点から述べよう。アラビア半島の砂漠も、エジプトの砂が押し寄せるピラミッドやスフィンクスがある地域もおおよそ1万2千年前までは緑の大地だったという。それがみるみる大砂漠と化したのである。この砂漠化を大規模な「防砂漠化工事」で防げたと思うだろうか。砂漠化に伴いそこに居住していた民族はいわゆる民族移動をしていったのである。現在では、アフリカから多くの難民(移民というのは間違いだろう)が地中海を渡り、ヨーロッパに押し寄せている。これは「現代の民族大移動」と呼べるものだろう。

地球規模で起こる気候変動や、地震、火山噴火、津波、豪雨、干ばつなどを「土木工事で防げる」などは、土木屋の“驕り”“過信”による、または無理と承知の上で可能と言い張る“嘘”であろう。

利害関係者が政策、国策を作るという基本的間違いが既に官邸に見られるように感じた。出来もしない地震予知があたかもできるかのように偽って研究費とポストを得る、地震ムラに似た構造に見えるのだが。土木ムラ、教育ムラなどムラが多すぎないか。

 


不正常態 役員も関与

「不正常態化 役員も関与」、これは産経新聞9月8日の記事の見出しである。何に関するものかと言えばスルガ銀行の不正融資に関する記事だ。役員という経営者が絡んだというより積極的に関与したというのだ。

自動車の排気ガスデータの誤魔化しや、燃費データのねつ造など産業界の不正は近年普遍的とも思えるほど顕著なのだが、それらが或る部門のある社員たちの不正と発表されていたとしても、実際は役員が承知の上ということは希ではない。ビジネスマンが違法行為をするのは上司の指示、命令があっての場合であることが普通だ。

私が会社の資材部長にさせられた時にも担当の副社長は「感性の良い人」を探していたと言った。つまり、その辺りの阿吽の呼吸が分かるものが欲しかった、と言ったのである。私がそう言う意味ではフェアネスにこだわる堅物だったので、私の退社に伴う後任人事ではその道の生え抜きの、それこそ“感性の良い”人Hを選んだのである。

さて記事の中に、

「今回の(第三者委員会の)報告書ではスルガ銀の複数の行員が融資の見返りに販売会社からキャバクラなどでの飲食接待を受けていたとし、金銭受領の疑いにも言及した。  捜査関係者は「(個人的)利益のために不正に手を染め高額な融資をして銀行側に損害を与えたとなれば背任罪、経営幹部の関与が立証されれば特別背任罪に問われることも考えられる」と刑事事件の可能性を指摘する」

とある。

融資を設備発注に、銀行を会社に置きかえれば、石油開発会社にも当てはまることである。正にその世界を描いたのが、『調達の闇1』と『調達の闇2』(電子出版、キンドル版)である。新聞記事では悪の息遣いがはっきり感じられぬという方は一読願いたい。どの業界にいる方でも僅かの置き換えで自分の業界の話のように感じられると思う。

政界も官界もそして業界も、経営幹部に倫理観が欠如しているように見える。恐らく経営幹部だけではなく社員レベルもそうなのであろう。士族ではなく、卒族が権力を握った明治以降、武士道が消えて行ったのは当然の成り行きであったが、それに代わる倫理教育もまた十分になされなかったのだろう。

甘利も小渕もそして安倍首相も、へつらう官僚共も倫理意識を失っていることは昨今の動きから明白である。これこそ国難というべき状況ではないだろうか。日本人が日本人でなくなった。

 


婉曲な表現の中に識者の安倍批判を見る

産経新聞は政権寄り、安倍首相寄りに偏った新聞である。しかし「主張」では片寄りが減り、「まっとうな意見」が増える特徴がある。その産経新聞の9月17日の記事に、時期的にも内容的にも「あれっ、これは、婉曲的表現ながら安倍政権に関して暗示的に批判するものなのかな」と感じさせるものがある。

第一は「正論」欄の袴田茂樹氏の「露に領土問題解決の意思はない」というものだ。先にウラジオストックの東方経済フォーラムで、プーチン大統領の発言に、ただ動揺するだけで反論も何もできなかった安倍首相について書いている。「1956年の日ソ共同宣言を両国で批准しながら日本が実行を拒否した」というプーチン大統領の発言に関して袴田氏は、

「日ソ共同宣言の領土条項は、1960年にソ連側が日米安保条約改定を口実に破棄したのに、「日本側が実行しなかった」と虚偽を述べた」

と指摘している。もしそうなら、安倍首相はプーチン発言のその時に、日本国の名誉のために、即座に「それは虚偽である旨」を発言、主張しなければならない。外交の安倍は実は外交経緯を知らないのではないか? 袴田氏は、

「この様な時、……理路整然と日本の見解を述べ、それを政府サイトから日本語と主要言語で世界に発信すべきだ。「大統領発言にいちいち反応しない」との日本首脳の言は客観的には卑屈で、露側の論理の容認と拡散を招く」

と続けている。ここでの首脳とは菅官房長官のことである。安倍政権の対応が批判されているのだ。全く私のブログでの指摘とポイントは同じである。結びの言葉では、

「露人はすり寄ってくる相手は喜んで利用するが見下す。逆に緊張感を与える相手は、時に不快に思っても一目置く。魯人は敬意を抱かない相手とは絶対に本気で交渉しない。」

と書いている。

サハリンプロジェクトでの6年間にソ連側とは幾度となく会議、交渉を持った。その経験からもこの袴田氏の見解はその通りだと断言できる。又これは露人に限らない。米国人であるトランプ大統領もそうであろう。すり寄りは兵器購入の押し付けを呼ぶ。“見せかけの親しさ”は、ディールには付き物なのだ。

第二は、「歴史の交差点」、山内昌之氏の「創業者と後継者」と題する一文である。この一見今掲載しなければならない理由など見当たらない一文がなぜ9月17日の一面に掲載されるのか、編集者の気持ちを慮った上で読むと良い。

細川忠興のことなのだが、

「耳に心地よい称賛ばかりに慣れ、国家のかじ取りや政治活動の場で、「燦々と明るく照らされ、、誰からも丸見えの場で、自分自身が成し遂げたこと」の喜びを後継者に譲る気がなかった隠居もいる」

と書いている。「藩のかじ取り」と書かずに「国家のかじ取り」としているところや、「政治活動の場で」と来れば、細川忠興としてはいるが、実際は現在の日本のトップのことを言わんとしているのではないかと思料される。後半の、

「三齋はガラシャ夫人の死後に寵愛した女性との子・立孝が育つに従って偏愛も募る」

は、「身びいき」「お友達優遇」を指すのかと感じられ、

「「御家」だけを見て「御国」の経営に無頓着な戦国生き残りの忠興…」

は国民を見ぬ現政権の本質洞察の故の表現かとも思えよう。

知識人、教養人の文章に感服した。しかしこのような表現や比喩は知識人、教養人にしか理解されませんぞ。一般人には、もっと直截的な表現でなければ意が伝わらないだろう。なれど掲載した編集部にはなかなかの人物がいるように感じる。「犬、これ全てがポチに非ず」

(垂直どころかオーバーハングの壁に挑み、登りきる、その姿は美しい)

 


| 1/610PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

にほんブログ村

selected entries

archives

recent comment

  • 国際石油開発帝石(インペックス)は経営行き詰まりなのか?それを暗示する現象(2)
    名無し (08/20)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(132)ホテル代の踏み倒し
    No use (07/25)
  • 論理の誤り―纏向遺跡と桃の実の年代
    No use (07/24)
  • 園翁自伝(石油資源開発時代回顧録)(144)探鉱部総合課長に
    No use (07/24)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    No use (07/24)
  • 『人麻呂の暗号と偽史『日本書紀』〜萬葉集といろは歌に込められた呪いの言葉〜』を電子出版化した
    ふひと (07/11)
  • 国際石油開発帝石のイクシスプロジェクトは「大失敗」?!
    高松 和弘 (06/27)
  • 起きる確率の高い南海トラフ地震の被害額が1,400兆円以上と言うなら
    toshi (06/14)
  • 決裁文書の事後改竄は単なる文書管理の問題ではない
    giinnokoe (06/01)
  • (続)石油資源開発の新役員布陣が発表されたが―身体検査は大丈夫か?
    名無し (05/28)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM